舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

涼を求めて

夏至をが終わり、日に日に暗くなるのが早くなってきました。
しかし日中の気温は25度前後をキープし、日本と違い、湿気がない分過ごしやすいと言えば過ごしやすいのだが、ここ最近は夕立が毎日のようにあって、まだまだ暑い時間帯だけに、雨がやめばまるで日本の梅雨のような蒸し暑さを感じる今日この頃。

家の近所に大きな公園がある。

先日自転車で走ってたらなんと公園内に滝を発見。
こりゃ涼めるなと思ってカメラを片手に行ってみた。
DSC_0025.jpg
滝の周りには裸足になって水の中で遊ぶ子供たちもちらほら。
さらに上流に目をやると、ロッククライミングのように滝を登っている青年たち。

見てるほうがハラハラ・・・


よく日本で見かける【日本の滝100選】みたいな写真で水が糸のように写っていますが、ちょっと僕も試しにやってみました。
一回やってみたかったんですよね。
DSC_0029.jpg
こう見ると、岩の上を流れる水が、丸みをおびてゼリー状のように思えてくるのは僕だけでしょうか・・・

ちなみに流れをバシ!っと止めるとこんな感じです。
DSC_0031.jpg
1枚目にあった【やさしさ】と言うか【柔らかい】イメージが間逆になってしまいますね。
ゴツゴツしていて、少し勇ましい感じがあります。

このように同じ被写体でも、設定一つでこんなに感じが変わってしまうのが写真の面白い所ですね。


また夕立が来そうだったので早めに帰ってきました。
ここ最近の気候で、入道雲がよく見られるようになりました。
DSC_0014.jpg



スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<お手製納豆の完成! | ホーム | お酒を飲めない人の、酒席での楽しみ方>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。