舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

僕が学生用プロフィール写真を安く請け負ってる理由

これまでいろんな方々のプロフィール写真を撮影させていただきました。
現役バリバリのプロの方もいますし、プロを目指して頑張っている若者たち。
みなさんが僕の撮影した写真を使ってくれることは大変嬉しいです。

さて、今日は少し僕の経験を踏まえたお話。

僕は学生用のプロフィール撮影の料金を安く設定しています。
理由は、【学生割引】と言えば簡単ですが、ただシンプルな学割ではありません。
僕なりの想いがあります。

みなさんご存知の通り、もともと僕もトロンボーンをやってました。
【プロになりたい】と思っていましたし、いつかなってやると意気込んでドイツに来ました。
結果は残念ながら口を壊して楽器を辞める決断をしました。

もちろん、僕が真剣に音楽をやっていた人間だからこそ、これから世界に出て行く音楽家の卵たちの応援をしたい気持ちもあります。
でも、学生だからお金が大変とかそういう理由で安く設定しているのではありません。

例えばプロアマ問わず、一律の値段で請け負うのが理想ではあります。
でもなぜ安く値段を設定しているのか。

それは、安く済んだ分のお金を使って、ちゃんと楽譜を買ってほしいからです。

これはあくまで僕の経験したこと思ったことなので、どう思うかはみなさんの自由です。

僕が大学に入って、試験などで演奏した曲を思い返すと、コピーさせてもらった楽譜を演奏した時と、ちゃんと自分でお金を払って購入した楽譜を演奏した時では、演奏後の反省や満足度は、自分で楽譜を買った曲の方が充実していたからです。

楽譜を買うということは、その曲を作った作曲家に対する【敬意】だと僕は考えています。
楽譜には作曲者の思いが込められています。どれだけ出版社で印刷されていたとしても、仮に3500円の楽譜には、100%作曲者からの奏者に対する感謝や応援の気持ちが含まれていると僕は考えています。
それをコピーしても、音符はコピーできても作曲者からの気持ちはコピーできない。
一枚10円でコピーした楽譜で演奏しても、作曲者が応援してくれるはずがないんです。
楽譜を買えば財産になります。コピー譜は経験にはなりますが財産にはなりません。

僕は大学時代のある日そのことに気がつきました。
それから僕は楽譜をコピーせず、ちゃんと買うようになりました。ピアノ伴奏譜はコピーしましたが、自分の演奏する楽譜は原譜を使ってました。
特に大学4年の時は試験やおさらい会、カルテットは全て原譜を使い,大学生活の中で最も充実し、自分で言うのもなんですが、最も自分が成長できた一年だったと思います。
卒業試験はなかなかハードな曲を演奏しましたが、僕の中では反省もそれ程なく、演奏中はものすごく楽しかったですし、自信満々で演奏を終えることができました。

こういう自分自身の経験が、今の自分につながっています。

音楽を真剣にやった人間だから、演奏者の気持ちがわかります。
演奏者がどのような情熱を持ってステージに立つのか理解しています。かつて僕もそうでしたから。

それが僕の舞台カメラマンとしての武器だと思っています。
もっと演奏者の情熱をしっかり撮影できる写真家になれるようにこれからも精進していきます。



スポンサーサイト

Foto | コメント:0 |
<<Deutscheoper Berlinの挑戦 【EDWARDⅡ】 | ホーム | オペラ+プロジェクトマッピング>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。