舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【月に憑かれたピエロ】【兵士の物語】

この1週間、インフルエンザでぶっ倒れていました。
まだ本調子ではなく、鼻の奥に変な重さというか、まあ鼻水なんですが詰まっていまして、さらにおでこのあたりまでズーンと留まっている感じがあります。

先週金曜日に撮影した舞台(湖の撮影の後に帰宅してぶっ倒れてしまいました。)の写真をぶりかえさないように、この数日かけてゆっくり選別、編集していました。

まず、今回撮影したのはアーノルド・シェーンベルグ作曲の【月に憑かれたピエロ
th_20170113-KHP_9842.jpg 


th_20170113-KHP_4747.jpg


th_20170113-KHP_4756.jpg
なかなか独特な雰囲気のある舞台でした。場所もホールのステージではなく、工場跡地を改装したイベントスペース。ベルリンはこういった箱がたくさんあります。


そして二つ目はストラヴィンスキー作曲の【兵士の物語
ウィキペディアによると演劇、朗読、バレエを総合した舞台作品とあります。
th_20170113-KHP_9791.jpg


th_20170113-KHP_4816.jpg

その他の写真はこちらから。


恥ずかしながらストラヴィンスキーがこのような作品にも携わっていたとは知りませんでした。
なんか、彼らしからぬと言いますか。でもこの曲について色々と調べていたら、ストラヴィンスキーにとっても現状打破のために取り組まざるを得なかった作品だったようです。


さて、来週はまたベルリンのオペラ二つから撮影の招待が来ました。
もっともっといい写真撮れるように頑張ります!


スポンサーサイト

Foto | コメント:0 |
<<オペラ+プロジェクトマッピング | ホーム | 2017年一発目。でも去年の話。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。