舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

ドイツ生活10年

2006年10月2日にベルリンに降り立って以来、早くも10年経ちました。

もともと日本に帰る気もそんなになかったとはいえ、10年間ドイツで過ごすことができたのは、当時の僕が知ったら驚くだろう。
右も左も言葉もわからない都会にポツンと降り立った25歳の日本人。
なんだかんだありながら10年を過ごした。

最初はホストファミリーの家に1ヶ月、その間にアパートも探して11ヶ月を過ごし、ハンブルグに引っ越し。ハンブルグでは言え探しが難航し、一軒家の地下室みたいなとこにとりあえず落ち着いたが、日の当たらない地下室に頭が狂いそうな上、家主がアル中になってさっさと出たかった。そんな時に見つかった一軒家の屋根裏部屋の部屋。一気に日の当たる、夏場は暑い部屋だったけど、僕はこの部屋が好きだった。

彼女(妻)と暮らすために引っ越しするつもりで家探しもしたけど、これもなかなか大変だった。決まりかけた家が引っ越し数日前にダメになり、別の不動産屋で半年間だけの契約で、別の部屋になんとか入り込めた。

その後妻はシュツットガルトに行き、僕はベルリンに戻って今の部屋に落ち着いた。
外国人にとって家探しというのは一番の難関。人の助け無しではそう簡単にはいかないもの。

暮らしていくにはお金も必要。
人からバイト先を紹介してもらったりして食いつないできた。

ビザの取得もなかなか大変だった。これに関しては今も継続中。永住権は未だに取れていない。

僕自身の生活も10年で激変。
結婚したっていうのが一番でかいが、そもそもの音楽留学が、写真に転向して、生活費を稼ぐためにバイトしてたお店のお客さんがお店を出すのに伴って、ヘッドハンティングされる形で、今のお店で日本食担当料理長にまでなってしまった。

今でも来た当初のことを思い出す。
ドイツはイメージ通りの曇り空な毎日。毎朝地下鉄に乗って語学学校に通った。言葉がわからなくて泣いたこともあった。いまもそんなにドイツ語が上手に喋られないけど。
でも知り合いのいない土地で、10年間でたくさんの友達もできた。Creepsという最高のチームメイトに出会うこともできた。それはこれからも続く友情。

仕事の方でもいろんな人とのつながりが出来た。そしてそれはこれからもどんどん広がっていく。
35歳になった今でも、僕はまだ夢の途中にいる。やりたいことは沢山ある。もちろん日本でも。

とりあえずこの10年が無事に終わって、一つの峠を超えた。個人的に思っているの次の峠は4年後。39歳になった自分が、40歳を前に今後の人生をどう選択するのか。そして40歳になった15年目がどういったものになるのか。ドイツなのか、フィンランドなのか、スペインなのか、アメリカなのか、日本なのか今はまだわからない。

何か決まったら、このブログでまたお知らせいたします。

まずはベルリンで、今の生活にもう少し変化をつけていきたいと思っています。

スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<明るくなりました | ホーム | シーズン終了>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |