舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Berlinの眠らない週末

毎週末の夜になると、Berlinの若者の大半は外出する。
目的地はBerlin各地に点在するクラブ。テクノ発祥の地であるBerlinには数多くのクラブがあり、また世界中のDJが集まる。

昨夜土曜日、BerlinのOstbahnhof近くのクラブ【Maria】で、電気グルーブの石野卓球氏がDJとして参加するというので早速行ってみた。

大抵クラブの開店時間は22時以降。何時に石野氏がDJブースに上がるのかわからなかった為、23時に入店。

さすがに開店直後は人もまばら。
しかし時計は深夜0時を回った頃には、メインフロアは大勢の人で賑わっていた。

DSC00214.jpg
(写真は石野氏ではありません)

午前3時半。予定より30分遅れて石野氏がブースに上がる。
石野氏はもうBerlinでも人気のDJであった。彼がブースに上がった直後、観客は一斉に騒ぎ出す。
一気に観客のボルテージは最高潮に達した。

最前列で陣取っていた為、真横の大型スピーカーでベース音が鳴る度に僕の内臓までが揺れるのがわかった。さすがに長時間いたら耳も体ももたないと思い、店を後にした。
そのとき時計の針は朝の4時を回り、東の空はすでに明るい。
しかし、これからまだ入ろうとしている人たちが入り口まで順番待ちをしていた。

皆さんもBerlinでクラブに行くときは早めに入店しましょう。

毎週末通うのは厳しいですが、時々行くにはいいストレス発散になりますね。
今度はまた別のクラブにも行ってみたいと思います。

スポンサーサイト

Berlin | コメント:0 |
<<負の遺産【ザクセンハウゼン強制収容所】 | ホーム | 【写真】オーケストラ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。