舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2年10ヶ月、大変お世話になりました。

先日22日、今勤めているお店の最後の出勤日でした。

13年の6月末に、社長から『うちで働いてくれませんか?』と直接連絡を頂きました。
ベルリンでは幅広く展開しているお店。その中でも一番忙しいお店にいきなり配属になり、始めは忙しさに目が回りそうでしたが、だんだんコツをつかみ、同僚(タイ人が多い)とも仲良く仕事させていただきました。

忙しいポジションに変わり、一人で大量の料理を抱えても、逆にそれを『スムーズにこなしていくにはどうしたらいいか』を考え、忙しさを楽しみながら仕事をしていました。

いつの間にか、お店の重要な戦力にまでなってしまいました。

そんな中つい先月、自分がやりたかった仕事のお話を頂きました。
辞めるとなり、みんな驚いていたけど、タイ人の一人が『お前はお前の人生を生きなきゃダメだ』と、背中を押してくれた。
最後の出勤日が近ずくにつれ、他のスタッフからも『残ってくれ』と言われたけど、僕にとってはこのチャンスをフイにしたくはない。

そして昨日。最後の出勤日。
いつものように地獄のような忙しさ。『これももう最後だな』と、ふと思った。でもあまりの忙しさに感慨に耽る暇もなく、結果1時間の残業。

荷物をまとめ、みんなに挨拶をした。
みんなが『いつでも食べにきなよ』と暖かく見送ってくれた。
みんな本当にいい人だった。僕はみんなのことが今でも大好きです。

お店はやめたけど、これからも一緒にバイクで走ったり、フィットネス行ったりします。

短い間だったけど、お世話になりました。


スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<シーズン開幕 | ホーム | バイクでドライブ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。