舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

バイクでドライブ

前回のBlogでご報告していたように、先日バイクが無事に納車されました。

th_20160328-KHP_9888.jpg

日本でも乗っていた【YAMAHA DRAGSTAR】ですが、今回は650cc。日本で乗っていたのは400ccだったので、やはりいろんなものをでかく感じます。
納車に合わせてハンドルは変えました。次はマフラー、シフト・ブレーキペダルをあと10cmくらい前に出して・・・って夢は膨らんでいます。

イースター休みの最終日。日中は好天に恵まれ絶好のバイク日和。
妻とベルリンから西に50kmくらいのところにあるRibbeckという村に行ってきました。なんでもその村は、テオドール・フォンターネの詩「リベックじいさんと梨の木」で有名らしいです。(僕は知りませんでした)

あまり道に詳しくないので、ハンドルに携帯ホルダーをつけて、iphoneのMapを頼りにひたすら西へ。

さすがに好天だったため、たくさんのバイカーと出会いました。
対向車線を走ってきたアメリカン乗りが、すれ違いざまに左手でピースサインを出してきたので僕もピースサインで答えました。バイク乗りは、【紅の豚】に出てくる飛行艇乗りたちに似ている。

ピースサインで、お互いの安全と『楽しんでね!』という意思の交換をするのがまた楽しい。
後ろに妻を乗せていた為、あまりスピードを出さなかったので、後ろからきたバイクや車に対向車がない時は、左手で『行っていいよ』と合図を出す。追い抜く時に手であいさつをくれたりもする。

こういった路上でのコミュニケーションがバイクの醍醐味の一つ。

家を出てからやく1時間弱で目的地に到着。とりあえず目的地はRibbeck(人口300人くらいの小さな村)にあるカフェ【Alte Schule】(昔の学校)
カフェの中に昔の教室が残されています。
th_20160328-KHP_9865.jpg

ノート代わりの小さな黒板。このいたずら書きは、かなりセンスがありますw。
th_20160328-KHP_9866.jpg

さすが梨で有名な村。梨のジャム、お酒、マスタードなどなど、梨ゴリ押し。
そんな中で梨入りのパンを焼いているお店も。
th_20160328-KHP_9868.jpg

昼食に入ったお店の胡椒入れも梨
th_20160328-KHP_9883.jpg
ちょっと瓜にも見えますがw

僕はBrandenburger Flammkuchen、妻はジャガイモの日替わりスープ。ちなみに梨パン付き。
th_20160328-KHP_9884.jpg

天気がいいうちに村の中を少し散策
th_20160328-KHP_9871.jpg

th_20160328-KHP_9875.jpg


そしてバイクと写真撮影。
th_20160328-KHP_9893.jpg

th_20160328-KHP_9898.jpg

妻も運転席に乗って。
th_20160328-KHP_9890.jpg

この日1日で約120kmを走行。
初めての遠出ではまずまずの距離かなと思います。でもさすがに一部高速走った時は時速80kmくらいまでがエンジンにとっては限界かな。二人乗りではそれ以上出すとエンジンがかなり頑張ってくれているのがわかります。
今度はもう少し距離を伸ばして見ようかと思っています。夏は海の方までみってみようかと思います。

お土産にLandesbrotと梨ジュースを購入。




スポンサーサイト

Motorrad | コメント:0 |
<<2年10ヶ月、大変お世話になりました。 | ホーム | 大きなおもちゃ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |