舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大学の卒業試験で吹いた曲

先日、小田桐先生とお会いしてからというもの、僕の中でまたトロンボーン熱がふつふつと湧き上がってきています。
まずは口の筋肉のリハビリといったところなんですが、ふと、自分が演奏したことのある曲をYoutubeで探していた時、大学の卒業試験で演奏したセロツキのコンチェルトを発見。



演奏は1995年の日本で行われたトロンボーンサミットでのジョセフ・アレッシの演奏。

演奏を聴き終わって、率直な自分の感想。
この曲の難しさって何だったっけか?と。
2、3箇所くらい伴奏とずれやすいところがあって、そこの入りとかやった記憶はあるけれど、曲に関しては比較的すんなり吹いた覚えがある。これといって大変だったという思い出もない。

ただ僕がこの曲を選んだ理由は、大学4年当時が日本管打楽器コンクールがトロンボーンの年だった。(このコンクールは年によって楽器が異なる。確か3年に1回まわってきたような。)受けはしなかったけど、折角だから卒業試験だし、本選の課題曲をやるのもいいかなという理由。

全部やると20分を超えるので、制限時間にうまく収まる第1楽章をやったんだと思う、確か。。。
いかんせんもう13年も前の、しかも気まぐれなので、やった本人がその時の思考をほとんど覚えていない。

もしかしたらもうちょっと難しい曲でも良かったのではないかと今更ながらにして思う。
まあ試験も無事に合格して卒業してるわけだから、結果としてはオーライな訳なんですが。

でもこうやって思い返してみるとやったことがない曲っていっぱいあるなと。コンチェルトだってトマジとかグレンダールとか、なんかいろいろあったし(名前すら忘れている)、コンチェルティーノやソロの小品だって吹いたことがないのもいっぱい。実家に楽譜がそのまま眠ってる。

ドイツだったらアマオケはいっぱいあるから、納得のいく音が出るようになったらオケにも入りたいし、もしそこのオケでトロンボーンが4人揃ったらカルテットだってやってみたい。いつかはまたソロも吹きたいし、オーケストラをバックにコンチェルトだって吹いてみたい。

もしそれで欲が出てきたら、いきなり日本のコンクールに一般の部で出るかもしれませんw

スポンサーサイト

Musik | コメント:0 |
<<ジムに行き始めました | ホーム | ニューレンズ!! いろんな意味で長~いお付き合い>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。