舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドイツの企業にケンカを売る

ドイツに限らず、長年海外に住んでいる人は、少なからず一度は現地の会社や役所とドンパチやった経験がある人は多いと思う。

大抵最初の頃は泣き寝入り。その原因は言葉のボキャブラリーが少ないから、結局相手を言いくるめられないことが多い。
でも言葉を覚えてきたら攻撃開始。これまでの分をきっちり取り返すようになんだかんだで文句を言えるようになる。

しかしなぜそんなことになるかっていうと、僕たちが外国人だからってことなんだと思う。要するに舐められている。

僕もこれまでいくつかケンカの(殴り合いではない)経験がある。直接窓口に乗り込んだこともあるし、埒があかないから消費者センターにことの発端から全てをチクってやったこともある。


実は今ひとつの問題を抱えている。
ドイツではよくある、【荷物が届かない】である。

ドイツでは主に手紙類はDeustche Postが配達、荷物はDHL、UPS、GLSなどなど様々な会社が参入している。
どこに会社が良いか?というと非常に困る。大抵どこの会社も少なからず問題はある。

今回のケンカの相手はDPDという配達会社。
10日前にインターネットで買った商品がある。予定では14日に届く予定だった。現に14日、DPDから【この時間の間にお届けしますよ】というメールもきた。しかし時間を過ぎても荷物が来なかった。時間が過ぎた直後、

【残念ながら本日はお届けすることができませんでした。明日ご連絡いたします。】

というメール。翌日15日、同じように【何時から何時の間に行きます】というメール。そして時間になっても来ない。そしてまた【お届けできませんでした】のメール。

16日に至っては何も連絡してこない。17日はDPDのサービスセンターに電話。音声ガイダンスしかない。自分のトラッキングナンバーを入力したら、

『あなたの荷物は配達中です。今しばらくお待ちください』

と言う音声ガイダンスとは裏腹に、HPで見る限り僕の荷物はDPDの倉庫から全く動いていない。持ってくる気配無し。DPDのHPからもう一度再配達の手続きをして、19日の月曜日の午前中に持ってくるように手配をした。

そして19日。午前中にいつものように【何時から何時の間に〜】というメール。そして持ってこない。
20日は何も連絡無し。トラッキング見る限り僕の荷物はベルリン郊外のDPDの倉庫を出てる様子はない。

もう我慢の限界。先日は発送元の商品を買った会社に現状を報告。向こうはこのまま届かないようでしたらキャンセルしていただいても構いませんと。僕は【DPD以外でもう一回送ってください】って伝えたら、そこの会社はDPDとしか取引していないらしくて、他の会社で送ることはできないとのこと。
あんなク○な会社とは1日でも早く解消すべきだと思う。

そして先ほど。
DPDのサービスセンターにメールを送った。

もう1週間も荷物が届かないこと。お届けしますっていうメールが来たにもかかわらず持ってこないのはなんで?その配達の人はなんて言う人?本当にその人はうちに持って行ったって言ってるかどうか確認してください。でもこちらはその日その時間うちにいた証拠がありますから、【いませんでした】っていうのは通じませんよ。

こっちが再配達の手続きをとったのに持ってこないのはなんでですか?あなたたちの仕事はなんですか?品物を届けるのが仕事じゃないんですか?いつになったら荷物を倉庫から出すつもりですか?いつになったら僕の元に配達する気ですか?これだけ遅れてる理由を、僕が納得できるように説明して下さい。もしこれ以上僕の荷物があなたの倉庫から出ないようでしたら、警察に連絡しますよ。

と、こんな感じでをツラツラと書いてメールで送った。


はたしてこのケンカの終息はいつになることやら。







スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<ふと考えた未来について | ホーム | 現代音楽すぎるミュージシャン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。