舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

iPhone 4s

最近新しいiphoneが発売になりましたが、僕はこの1年半くらい、ずーっとこのiphone 4s。



妻とお互いの誕生日に中古ですが贈り合いました。新品で買うと高い上に、保険として月々いくらかをまた口座から引かれるのがアホらしい。

でもさすがにここ最近電池がおかしい。

仕事中は電波が来ないところにいるので、電池の減りを少しでも抑えるためにフライトモードにしているんですが、それでも2時間後には10%ほど減ってるし、フライトモードを解除して、メールチェックなどをしていると、ものの10~20分でバッテリー残量は40%も減ったりする。あげく、まだ50%残ってるにもかかわらず、いきなり画面が暗くなり、画面の真ん中で白い円がクルクル回って電源が落ちる。電源を入れようとすると、【充電しろ】のマークが出てきて、20分くらいは電池がないという表示が出て電源が入らない。

ようやく電源が入ったかとおもうと、バッテリー残量は20%を切って、本体のコード、SIMのコードを入力して起動させるとその電力で残りの電池を使って、こんどこそバッテリーがなくなって画面が真っ暗になる。

なもんでここ数日は携帯バッテリーが欠かせません。


今日職場の同僚が新しいiphoneが届いて、設定をしてた時にその話をした。

「そうなんだよ、だから俺ももう新しいのにしたんだよ」

携帯電話はもって二年。もう変えたらどうだって言われたんですが、僕としてはこの大きさがちょうどいい。
あまりにもデカイ・長い携帯は、もともと手ぶら主義の僕には邪魔で仕方がないものだ。ポケットにはいる4sの大きさが僕には合ってる。
それにうちには4sまでの充電ケーブルが何本かある。Ipadもそれで使えるし、この間日本の百均で便利なケーブルも買ってきたばかり。

(これまたかさばらなくて便利なんですよ。)

なので、ちょっと自分で電池交換をしてみようかと、先ほどネットで交換キットを買ってみました。
今週末、頑張ってやってみます。

スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<現代音楽すぎるミュージシャン | ホーム | ヘルシンキ ヴァンター空港にて>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。