舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

友へ

俺がお前と初めて会ったのは、中学校の入学式だったな。

同じクラスで席も前後。2、3年生の時はクラスが違ったけど、文化祭の総合司会を二人でやって、大いに盛り上がったのが懐かしい。

高校も一緒だった。
お前はクラスの人気者で、他のクラスに友達も多くて、逆に俺は高校生活があまり面白くなかったから、楽しく毎日過ごしてるお前が羨ましくもあった。

高校の時に【俺はハリウッドでアクションスターになる!】といって卒業して、関東で俳優の学校とかにも入ってたんだよな。
いつだったか「何月何日の◯◯さんが出てる番組の再現VTRに出るから」ってメールくれて、俺はそれを見たんだよ。
コワモテだけど実は親切なトラックドライバーの役だったかな。まさにはまり役だった。コワモテっていうか短髪で髪ツンツンで薄い色のグラサンかけて顎髭生やしてさ。俺はお前のこと知ってるからだけど、あれはVTRだと言われても初対面の女の子はちょっと警戒するだろうなと思ったよ。

お互いに大学卒業して、お前は地元で理学療法士の学校に入ってまた一生懸命勉強して。
俺が地元に帰った時はいつも会ってたな。
いつだったか俺が楽器を吹く口の筋肉の話しをした時に、自慢げに正式な筋肉の名称をいっぱい言ってたっけな。
いやでも、本当にしっかり勉強してんだなって感心したよ。

ドイツに行く前も応援してくれたな。
結局本来の目的を達成できなかったけど、お前は自分の経験も踏まえていろいろ話してくれたよな。
何歳になったって何始めたっていいじゃんて。
その時俺はつくづくお前が友達っていうか親友でよかったと思ったよ。それは今でも思ってる。

この間会った時の約束、忘れんなよ。





スポンサーサイト

Japan | コメント:0 |
<<たまには猫 | ホーム | グリルの季節>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |