舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カメラ遍歴

ふと自分のカメラ遍歴を思い返してみる。

僕はNikon愛用者。
初めて買ったのはD60(左)。音楽辞めて、写真を勉強するときに買った。今思えばもう少しお金出してD90くらいかっておけばよかったとも思うけど、当時の懐事情ではD60買うので精一杯だった。でもこれはこれで思い出のあるカメラ。



次に買ったのがD7000(中央)。Ebayで出品されていた、新古品(お店に展示してたもの)でほぼ新品同様。たまたまチェックしてて、この値段じゃ買えないだろうなって思って金額打ち込んだらそのまま落札しちゃって、その時は有り金全部持っていかれるくらいになってちょっと焦ったけど、キャンセルするのももったいないと思って入金(笑)。

でもこれはこれで買ってよかったと思ってる。なにより、自分の仕事の幅が大きく広がったし、自分が撮りたい写真を撮れるようになった。
シグマレンズとの相性で、ピントがずれるっていうことがあるけども、ちょっとコツ掴めば若干のマニュアル操作でカバーできた。

それで現在Nikonの最上級品のD4s(右)
個人的にシャッター音が軽いかなって思う。シャッター音はD7000の方がバシャ!っていう重さがある感じが好きだった。まだ操作がすこしおぼつかない。手の感覚が未だにD7000の感覚w早く慣れよう。


今年から、写真だけでなく映像のお仕事の話があって、D7000,D4sはムービーも撮れるので、まずはその機能の勉強をしてます。そして、殆ど使ったことがないけど、D60には撮った写真を繋げてムービーにする機能があった。要するにパラパラマンガみたいなものができる。
なんだかんだで今年から、この3台をフル稼働しそうな予感です。
スポンサーサイト

Foto | コメント:0 |
<<自転車初乗り | ホーム | ドイツ生活を支えてくれた物>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。