舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Naturkunde Museum

新年最初の日曜日。
日中は妻とNaturkunde Museum(自然史博物館)を見学。

入ってすぐのメインエントランスには巨大な恐竜の化石模型があります。


いきなり度肝を抜かれるわけですが、更に奥には無数の鉱石やら生物の標本、ホルマリン漬けがビッシリ。。。
さらに特別展示で蝿やら蛆虫やら蚤やら、小さい害虫展で、気持ち悪いながら中は大勢の人で賑わっていました。(写真はいろんな意味で自粛)

生物の標本では、かつて世界中で人気者だった、ベルリン動物園で生まれたシロクマ「クヌート」が標本になってます。


生後間もなく見に行った時は、まだ小さくてモコモコだったクヌートも、数年前に突然亡くなり、こうやって標本になって再会。
こんなにでかくなったんだなーと、8年前に見に行った時を思い出しました。

スポンサーサイト

Berlin | コメント:0 |
<<タイミング悪いニュースレター | ホーム | あけましておめでとうございます>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。