舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久々にPosauneを吹いてみた

先ほどのブログを更新した後、買い物に家を出たはいいものの、実は祝日だった事に気づいて、近所のパン屋が開いていたんで、美味しいクロワッサンの求めてお店に入ったのだが、クロワッサンは品切れ。しかもお店もあと10分で閉店。

雨は降ってくるし、雷は鳴り出すし、『今日は自宅待機』と決め込んで、パンを数個買って帰宅。

日課であるドイツ語のヒヤリングをしながら筋トレをし、何気なくしまいっ放しのPosaune(トロンボーン)を出してみた。

約2ヶ月ぶりのご対面。
相変わらず静かに眠っているように横たわり、深い黄色のベルが照明を反射していた。

懐かしくなって楽器を組み立てて、マウスピースを手にとって唇のウォームアップをする。
スライドも思ったほど状態は悪くなく、全体的にみても異常は見られない。

『さ?って、どんな音がするかな』

と自分自身楽しみに音を出してみた。


懐かしい音がした。
でも僕には以前より良い音に聞こえた。

ハンブルグでこの楽器を吹いていた時は出る音が気に入らなくて、自分自身物凄くもがき苦しんで、嫌な思いをしながら曲を吹いて、さらに追い討ちをかける様に嫌な思いがあり、レッスンに行けば、またさらに苦痛が待っていて・・・。信じていた自分の先生が信じられなくなって結局楽器を辞めた。もうボロボロになってしまったし。


楽器事態を嫌になって辞めたわけじゃないから、こうやって何気なくまた手にする事が出来ているんだと思う。でも、さっきまで楽器を吹いていて思った事は、

『やっぱり音楽は楽しい』

って事。ハンブルグにいたときより、ブランクはあれど状態は断然良い。音だって明らかに違うし。
久々に曲を吹いてみても、タンギングとか危うくなってたけどそれもまた楽しい。ひどくなってた自分を客観的に見て【楽しい】と思える。

多分それは【重圧】が無くなったからだと思う。
これから時間があるときにでも、少しずつ練習をしてみようと思います。
楽譜がまだ読めるか心配ですけどね。
スポンサーサイト

Musik | コメント:2 |
<<【写真】Pianistin | ホーム | まずは目を閉じて聞いてみてください>>

コメント

変な言い方かもしれないですが、
やっぱり楽しむのが一番ですよ。
特に一定期間離れると、そう感じます。

また思い出して気楽に吹いてください^^
2009-05-23 Sat 03:36 | URL | なり [ 編集 ]
そうですよね。
やっぱり楽しいのが一番です!
2009-05-23 Sat 21:06 | URL | 広津 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。