舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

Hymne à l'amour 愛の讃歌

 
                    20140727-DSC_6315.jpg

写真の彼はアメリカ人のカウンターテノールの歌手。何度か彼のコンサートの撮影をしている。
彼の歌う、エディット・ピアフの曲が僕は好きだ。そして、今日のコンサートで彼は、いつもの様にエディット・ピアフの楽曲を歌った。【愛の讃歌】だった。

でも今日の【愛の讃歌】は今まで聞いた中で、一番情熱的で、悲しくて、且つ希望に溢れていたように思えた。

この曲を歌う前に、彼はこう言った。

『数年前に私は一人の友人を亡くしました。その友人に、この曲を捧げます』


僕は、撮影をしながら考えていた。

『死んだ時、死んだ後、僕のことを思って、歌ったり音楽を奏でたり、そうでなくても何かしらしてくれる仲間達と、そんな素敵な人生を送ろう』



スポンサーサイト

Foto | コメント:0 |
<<マルタの星空の下で | ホーム | 気がつけば7月下旬>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |