舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20年前の光景

今年の夏は日本に一時帰国することが正式に決定しました。
期間は8月2日に日本に到着して、26日に日本を発ちます。

今回は関空から日本に上陸いたします。
何気に人生初となる、未知なる小国家【大阪】にしばらく滞在予定です。
青森出身の僕にとって、すべてがUngleublich(信じられない)なことになるのではないかと、今からドキドキワクワクしています。

その後東京を経由しまして、盛岡に住む小中学校の同級生の案内で、わんこそば(←これメイン)&盛岡(オプション)を観光。そして八戸に帰省いたします。
10日ほど滞在して、大阪に向かって出発。26日に関空からまたドイツへ飛びます。

実は今からちょっと八戸に帰るのが楽しみにしています。
2006年以来の日本の夏に多分やられる事になるかとは思いますが、今回は八戸で、というか各地で見て回りたい所があるんです。

先日【水曜どうでしょう】のHPで、嬉野ディレクターの日記で八戸のことが書いてありました。
日記には懐かしい駅名が書いてありました。八戸には陸奥湊というJR八戸線の駅があります。
その駅周辺には、昔懐かしの魚屋などが軒を連ねており、大変風情があるところです。

僕の母はそこの近くで喫茶店をやっていたことがあります。
僕のコーヒー好きはここから始まるわけですが、なにより僕の魚好きもここから始まったといっても過言ではない。

小学校の夏休みは、ほとんど毎日母の喫茶店に一緒に行って、手伝いをしたり、それこそ散歩で陸奥湊駅周辺をぶらついたこともある。

駅周辺の魚屋はそれぞれお店の前で魚を炭で焼いていて、夕方になるとそれを買い求める近所の主婦などもやってきます。お世辞にもアーケード街なんて言えたもんじゃないけど、いろんなお店が密集していて、中でご飯も食べることも出来るんです。カレーとかラーメンとかじゃ無くて、ほとんどが純和風。しかも古き良き漁業町の台所を支えてきた俗に言う【漁場のかっちゃ】の手作りばかり。

手ぬぐいを巻いてニッカポッカ着て、長靴を履いてエプロンをつけて、明るくて元気なかっちゃ達がおいしいご飯と味噌汁、自家製の漬物と焼き魚を持ってきてくれる。

その光景が今もある事を、その日記で僕は知った。
なんか嬉しかった。自分が幼いころに見た光景。もう20年も前の光景が、変わらずそこにあるんだなって思えて懐かしかったと同時にホッとした。

僕は夏に日本に帰り、八戸に帰ったら、絶対にそこをもう一回行こうと思っている。
今度の帰国は、比較的あちこち回ることになりそうなので、古き良き日本の風景も撮影してきたいと思います。


スポンサーサイト

Japan | コメント:0 |
<<音を伝える写真 | ホーム | 望遠レンズ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。