舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

1.Advend

 長らくBlogも更新できずにいました。気がついたらもう今日から12月。今年も残すところあと1ヶ月となりました。

 今週末は久々の土日が休日の週末でした。土曜日はたまった家事を片付けてからアメリカ人の友人のお誕生日会に妻と一緒に行ってきて、今日日曜日は部屋の片付けなどをして、今日がちょうど第1アドヴェンドということもあって、妻と二人でクリスマスマーケットへ。

 去年一昨年は、シャルロッテンブルグ宮殿前のクリスマスマルクトに行っていましたが、先日、職場の同僚からベルリンの西側にあるSpandauのAlt Stadt(旧市街)のマルクトが綺麗だと聞いたので、今年はそちらの方へ言ってみました。

うちの最寄りの駅から乗り換えなしで20分位。駅を出たらもうそのマルクトをやってるメイン通り。シャルロッテンブルグのマルクトより場所は遠いですが、アクセスははるかにこちらの方がいい。家からの所要時間にしたらむしろ短いかも知れません。

20131201-DSC_5672.jpg

なかなかこじんまりとしたマルクトだと思ったら、Alt Stadtの一角は中世のクリスマスマルクトを再現した場所があり、まさにそこでした。

20131201-DSC_5679.jpg


鍛冶職人がその場で作っています。
20131201-DSC_5681.jpg


中心地に進んでいけばだんだん現実味を帯びてきます。

20131201-DSC_5694.jpg

DSC_5693.jpg

DSC_5692.jpg

気温はそこまで低くはありませんでしたが、風が冷たかった今夜。本来ならばホットワインを、といきたいところですが、お酒が飲めない僕ら夫婦は、今年の二月にフィンランドで飲んだゴルキをマルクトで発見。それを飲んでご満悦な妻。
20131201-DSC_5707.jpg

スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<編集作業も師走並・・・ | ホーム | リッツ・カールトン大阪の食材偽装について(個人的意見)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |