舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

リッツ・カールトン大阪の食材偽装について(個人的意見)

 昨日、Yahoo!ニュースで読んでビックリしたのですが、リッツカールトン大阪での食材偽装のニュースを読んで思ったことを書きます。

 2012年の8月、僕と妻はまさにその【リッツ・カールトン大阪】で披露宴を挙げました。披露宴までの道のりは、何度もホテルに足を運び、何時間も話し合い、また8月の大阪の暑さもあって僕はぐったりしていました。

 正直な話、僕は披露宴に対してあまりいい印象がありませんでした。お金もかかるし時間も掛かる。なにより、折角の日本への一時帰国が、まさにその披露宴の準備にほとんどが潰れてしまうと言うことが大きかった。

 でも僕は実際に披露宴をして良かったと思っていますし、リッツでやってよかったと、心から思っています。たとえ、僕達の披露宴で使われた食材が偽装されていたものでも、打ち合わせのたびに妻が飲んでいたフレッシュオレンジジュースが、ただの100%オレンジジュースだったとしても、僕達の披露宴で働いてくださった方々のサービスは本物でしたし、料理だって美味しかった。2時間あっという間に過ぎ去って、最後のあいさつで僕は言いました。

『僕自身がこんなに感動するとは思ってもいませんでした』と。

何度も披露宴というものを【仕事】として見て来たスタッフの方でさえ、涙するくらいの良い披露宴だったと思います。

 披露宴から数日後、ホテルから頂いたレストランの食事券で、少し遅くなった入籍から1年のお祝いで食事に行ったとき、デザートのお皿にお祝いの言葉もチョコレートで書いてくれていました。全てにおいて、僕は満足させて頂きました。ドイツへ戻る機内でも、

『大変だったけど、良い披露宴になってよかったね』

 と、妻と披露宴の話をしました。


 確かに残念なニュースではあります。『もうこのホテルや系列店は使わない』といってる人もいますが、僕は10年目や20年目、もしくは銀婚式や金婚式を、妻とリッツ大阪でお祝いしたいと本当に思っています。

 これからの信頼回復は大変だと思いますがどうか頑張ってください。そしていつかまた、僕達夫婦のお祝いを、大満足できるサービスで迎えていただきたいと思っています。


スポンサーサイト

Japan | コメント:0 |
<<1.Advend | ホーム | キッチンと整理整頓>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |