舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

2020 Tokyo Olympic

 昨年のロンドンオリンピックの感動から1年。また日本は歓喜の渦に巻き込まれた。

 昨夜、ブエノスアイレスで行われたIOCの2020年オリンピック開催地の最終発表の場で、ステージ上で掲げられた地名はTokyoだった。2020年の夏季オリンピックの東京開催が決定。

 僕はその光景を友人達とネット中継で見ていた。

 その時の喜びは忘れられない。

 女子ワールドカップで日本女子が優勝した時や、昨年のロンドンオリンピックで日本勢の金メダルを獲得した瞬間の喜びに相応しい。特に体操個人で金メダルを決めた内村選手の最後の締めのポーズを見てガッツポーズした時と同じような感動だった。

 あと7年。長いようであっという間な気がする。

 母国でのオリンピック開催は生きてる内に2度あれば多い方だと思う。今から49年前にも行われた東京で、再びオリンピックが行われる。その2回を見れる人もいるんだと思うと、それは羨ましく思う。僕にとってはこれが最初で最後のチャンスかもしれない。

 今は普通の少年少女が、7年後の舞台で日本の金メダルを取るかもしれない。そのチャンスはスポーツをやってる、これからやるすべての子供達にチャンスがある。もちろん、現役のアスリートにだってチャンスはある。

 僕も7年後、オリンピックの舞台を間近で撮影出来るように、その場で感動を体験できればこんなに嬉しいことはない。

スポンサーサイト

Sport | コメント:0 |
<<最近のLeoとNoah | ホーム | ストーンヘンジ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |