舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テレビ収録に同行

 先週末は、とあるテレビの収録に同行して来ました。

 様々なミュージシャンの授賞式を兼ねたイベントで妻も歌うことになっていました。
20130125-DSC_4249.jpg
場所はベルリンから南へ約100km下った、Dahmeという田舎町。静かで綺麗な街でした。その写真はまた後日。

 妻が出発直前まで悩んでいた衣装・・・。今回は秘策がありました。

 まずは着物でオペラ・アリアを歌い、
20130125-DSC_4259.jpg

 そして、最近よく一緒に歌う機会の多い、シャンソンの歌い手【Mano】とのデュエット。
20130125-DSC_4283.jpg

二人の独特の世界観に、お客さんは引きこまれていくようでした。


 授賞式ではゴールドプレートが送られました。彼はバンダネオン奏者【Manuel Meier】若干18歳。なかなかのテクニックの持ち主。彼の演奏で、夜のパーティーも盛り上がりました。
20130125-DSC_4307.jpg

そして彼もまだまだ若いが、ギターとキーボードの使い手【Lukas Natschinski】
20130125-DSC_4364.jpg
 
SIXというハンブルグを拠点に活動しているロックバンド。
ライブではドラムが無いため、ドラマーはペットボトルでリズムを刻むという、ちょっと悲しい光景でした。
20130125-DSC_4444.jpg

 トリは妻とManoの【Time to say goodbay】前半は着物を着ていた妻ですが、後半はドレスで出演。
着替える時間がなかったので、ドレスの上に着物を着るという荒業で望みましたが、着物もドレスでの登場でもインパクトは抜群。
20130125-DSC_4573.jpg
 イベント終了後、様々な人から『鳥肌が立った』『感動した』と声をかけられていました。

 
 打ち上げも大盛り上がり。今回、僕らを呼んでくれたラルフ。洗濯板でManuelと共(狂?)演!
20130125-DSC_4637.jpg

 夜遅くまでパーティーは盛り上がりました。
20130125-DSC_4667.jpg


スポンサーサイト

Foto | コメント:0 |
<<北緯66度33分 東経25度44分 | ホーム | 念願のRed Wing!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。