舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Mein Fuss eingeschlafen

毎週金曜日はソフトボールの練習。
昨日はなぜか20人以上の選手が参加。

普段は所属するチーム【Creeps】が主に9人とか10人、あと日本人チーム【肉ジャガーズ】から数人。
しかし昨日はCreepsの別リーグ(スローピッチ)の選手も参加した為全部で20人以上になった。

せっかくだから軽く試合をすることになったのだがチーム分けが不平等・・・。
相手は女性は2人に対し、こっちは5人。人数が多いため、外野は4人とか。

外野は僕以外みんな女性。しかも初心者。

普段はセンターだったけど、今回はレフト。
ファストピッチではなくスローピッチだった為、相手チーム(主にCreeps)は調子こいてバンバン外野(レフト方向)にボールが飛んでくる。

守りながら外野の女性陣に指導もしなければならない。その間にもボールがバンバン飛んでくるし、あちこち走らされるし・・・。

でもまあ、抜けそうな鋭い打球をランニングキャッチしたり、後ろにダッシュしながらボールをキャッチするなど守備ではバッチリだったけど、バッティングでは今ひとつ・・・。

試合の後は守備練習をしたんですが、試合で散々走り回って僕の足はいつものように限界に・・・。
持病の【足の攣り】が発症しそうだったので、早めに切り上げました。
これだけは何とか治したいもんです。リトルリーグ時代から悩まされてますからね。

今回のタイトルは日本語で【足が攣る】だそうです。
本来は眠り込むって意味の単語が使われているのに、まったく外国語の語彙ってものの奥深さに脱帽ですね。



帰りのバスで、ちょっとした出来事がありました。
その話はまた今度。

スポンサーサイト

Softball | コメント:0 |
<<バスでの出来事 | ホーム | IMAGINE>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。