舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

航空会社の一部を勝手に総評

 あと二週間で、日本に一時帰国します。その前に今週の金曜日に妻が先に日本に帰ります。
 
 先日も書きましたように、今回はトルコ航空でのフライト。評判はなかなか良いようです。

 これまで僕が使った航空会社を書きだしてみると、

 
ドイツに来る際に使ったのがブリティッシュエア。

 あんまりいい思い出はありません・・・。ロンドン行きの飛行機で、隣りに座ってたおばちゃんにアメリカに住んでるという娘の自慢話を延々と聞かされた。機内食マズイ。さすがイギリス。

最初の一時帰国で使ったルフトハンザ。

 機材(飛行機本体)自体があまり良くなかった。座席にはモニターがなく、通路上にあるモニターで映画を見て、ヘッドフォンで音声を聞くまるで歌舞伎のオーディオガイドみたいなシステム。しかも僕の座席のモニターがピンクがかってて色合い感が全くなし。

その次、フィンエアー。

 日本への最短ルートを飛ぶ、機内で寝れない僕には最も重症視するべきポイント。体への負担は最小限。機内食もまずまず。

昨年使ったオーストリア航空。

 まずフライトアテンダントの衣装が真っ赤すぎて、機内で彼女らが動くたびに目が行って疲れる。 
 機内食で和食と洋食が選べて、和食はカツ丼だったのでそれにした。あんなに味のないカツ丼初めて食べた・・・。


 以上が日本-ドイツ間で使った航空会社の感想。続いてドイツ国内及びEU圏内で使用した航空会社。


2年前、パリに行った時使ったエールフランス。

 朝の便だったので、コーヒーとパン。これがなかなか美味しい。ベルリンを飛び立った直後、と言うか本当に飛行機の車輪が滑走路から離れて飛び出した瞬間に、通路挟んで隣の女性がなぜか号泣し始めた。『いろいろあったんだろな~』と思ってたら、気がついたらその女性、パン食ってコーヒ飲んでそのままパリまで寝てた。


ドイツ国内便でよく使う一つ、エアベルリン。
 
 飲み物とおやつが出ます。まあ普通。ただ機内から降りる時にハート型のチョコがもらえます。
 

こちらも国内便でお馴染みジャーマンウィングス。

 朝の便だったら飲み物としょっぱいパンが出ました。まあこちらも普通。


ヨーロッパ圏内の国外旅行などによく使われる、イージージェット。

 日本でも最近出始めたLCCの代表格だと思います。飲み物などすべて有料。保って約1時間が限界なシート。極力使いたくない。


以上、ご旅行の際にはみなさんも参考にしてみて下さい。
スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<どうしよう・・・ | ホーム | EM2012開催中>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。