舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あれから1年

 震災から一年。まだまだ手付かずだけど、一歩一歩復興に向けて頑張っている東北の皆さん、そして、ボランティアの皆さん、まずは1年間お疲れ様でした。まだゴールは見えなくても、必ずその日が来ると信じています。僕は応援しかできませんが、また今度日本に帰って時間があれば、お手伝いに行きたいと思っています。

 
 さて、震災から1年経ちました。世界中が未曾有の大災害からの月日の早さを感じ、日本の復興をテレビ番組に取り上げ、現状をレポートしたりこれからも継続的な支援を訴えています。
 各地でも追悼集会なども行われました。

 ただそんな中、ベルリン内ではこんな集まりもありました。【追悼】ではなく【追放】の集会。原発反対の集会です。

 ここからは100%僕の主観で書きます。僕個人の考えですのでご了承下さい。


 3.11は原発事故の日ではなく、あくまで東日本大震災の日。1万5千人以上の犠牲者を出し、いまだに3千人以上が行方不明。東電を庇うわけではないが、東電だって震災の被災者と同じだと僕は思っています。
 僕は原発反対でも無ければ肯定でもありません。仕方ないと思っています。無ければ無いで、事故の危険性は無くなりますが、そのぶん作り出すエネルギーは限界がある。これまで無意識に原発に頼ってきた日本人にとってはこれから先いろいろと不都合が出てくると思います。そうしたら絶対になにかしら文句をいう輩は出てきます。
 一度甘い汁を吸って暮らしてきて、いきなりアレするなコレするなって言われても、素直に耳を傾けるとは思えない。例えば一ヶ月一万円生活を一生続けろと言われたら、ほとんどが断るでしょう。

 原発反対するのならすればいいと思います。ただ、ちゃんと勉強はして欲しい。核とはなにか。原子力とは何か。核燃料廃棄物、処理施設について・・・・
 集会に参加して、感想は『原子力ってやっぱり危ないと思いました』ってこんな答えしてる人がいる。この人は何しに来たんだと思います。Twitterなどで反原発集会のことばかりを流す人も多い。なんかそれを見てると一種の宗教のようにのめり込んでるような感じさえとれる。

 正直な話、僕は原発のことはどうでもいい。反原発を訴えてそれを収入にしている人たちが僕は許せない。震災直後、ドイツではとある州議会選挙がありました。反原発を訴えた党が大躍進。その州で与党になった。それまで野党の片隅でしか無かったその党がだ。つまり、反原発を利用して議員に当選し、のうのうと議員給与をもらって暮らしてる。
 
 反原発を訴えてる人たちへ。
 好きなだけ反原発を訴えればいいと思う。でもせめて、3月11日だけは原発のことではなく、多くの犠牲者の喪に服し、被災地、被災者のことだけを考えてくれませんか?



 
スポンサーサイト

Japan | コメント:0 |
<<佳境 | ホーム | Einladung 招待状>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。