舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

うるう年とうるう秒

 今年は4年に1度のうるう年。そして、今日が2月29日。うるう年の年は毎回夏のオリンピックがあります。ドイツに来て初めてみた北京オリンピックから早4年かと思うと、僕もドイツに長く居るもんだなと考えてしまいます。

 僕が子供の時は、うるう年の理由などわからず、オリンピックのある特別な年だから、1日でも多く練習できるようになのかと思った事もありました。実際に選手の人にとってはありがたい1日なのかもしれませんが。

 更に今年は【うるう秒】も実施されるようです。日本時間の7月1日、午前8時59分60秒があるそうです。ですから今年は1日と1秒長い年ということになります。
 この【うるう秒】に関しては国際的に廃止の話もあったようですが、今年は継続ということになったそうです。僕も興味があっていろいろ調べたんですが、このうるう秒を廃止した場合、100年で90秒のズレが生じるそうです。

 地球が一回転する時間は、約23時間56分4,06秒だそうです。1日24時間計算ですから、どうしても一日ずつ時間がづれていくわけで、その時間差を調整するためにうるう年、うるう秒が実施されています。
 それでも細かい部分で100%戻せるわけでもなく、1年で10万分の1ずつ地球の自転速度も遅くなっているようですが、NASAの発表で、近年の大地震(スマトラ沖やチリ、東日本大震災など)が原因で自転速度が早くなった可能性もあるとしています。

 まあただ僕らができることは毎日を1分1秒を大事に生きること。限られた大切な時間ですしね。


20120206-DSC_0758.jpg
スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<卒業シーズン | ホーム | ドイツの競馬場>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。