舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Berlinale開幕

 9日から第62回ベルリン国際映画祭『Berlinale』が始まっています。今年も多くの人達が世界中からベルリンへ集まり、メイン会場のポツダマープラッツ周辺では、舞台挨拶などで訪れたスターをひと目見ようと、多くの人達で賑わっています。
 
こちらはメイン会場
DSC_0800.jpg

メイン会場近くのショッピングセンターもBerlinale一色。

DSC_0792.jpg

チケット売り場も長蛇の列。
DSC_0791.jpg

上映作品のトレイラーも見ることができます。
DSC_0796.jpg


 さて、今年のBerlinaleでの日本からの作品。今年はフォーラム部門に、岩井俊二監督【friends after 3.11】、藤原敏史監督【無人地帯】、舩橋淳監督【Nuclear Nation】などの大震災関連の作品3本が上映されます。その他に、安藤サクラ、井浦新が出演する【かぞくのくに】、木村承子監督【恋に至る病】、泉原昭人監督【リリタアル】、川本直人監督【渦潮】、荻上直子監督【レンタネコ】などが上映予定です。


 果たしてこの中から受賞作品が出るのか楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

Berlin | コメント:0 |
<<誕生日 | ホーム | Probebetrieb>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。