舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トロ、さようなら。ありがとうね。

P1000290.jpg

111031_130257.jpg

 今日、実家に暮らしている猫のトロが息を引き取りました。9歳5ヶ月という猫としてはまだまだ若い命でした。

 トロは大学時代にもらってきた猫。知り合いのお宅のガレージに生まれていた。母猫はトロたち子供をおいて帰って来ず、他の兄弟も衰弱死してしまい、1匹だけ生き残った子猫を僕が引き取ったのがトロとの出会いでした。

 
 ひと月前に体調が悪そうなのを母が見つ動物病院。、免疫不全で不治の病、最悪を覚悟しろと言われて1ヶ月後のことでした。

 毎日痛い注射と点滴を受けて、頑張って生きていたのですが、今日母に見守られながら天国に行きました。

 
 ショックで言葉が出ませんでした。直後に母とスカイプで話して、僕も母も妻も泣きました。亡骸も見せてもらいました。最後に会った8月よりもやせ細っていました。この一ヶ月、まともにご飯も食べれなかったのが分かりました。



 トロ、辛かったよね。大変だったよね。
 でも、もうその痛みと苦しみからは解放されたんだよ。よかったね。トロが気がついたら、周りにはお母さんや姉ちゃんもいない、見たこともない世界にいて寂しくて泣くかもしれない。でもそこは天国って言うんだよ。
好きなもの食べて、いっぱい遊んで、いっぱい寝て、病気にはならない所なんだよ。なによりトロの嫌いな病院なんて行かなくていいんだよ。
 家のリビングでおじいちゃんの写真見たことあるでしょ。天国でおじいちゃんを探すんだよ。きっと可愛がってくれるから。あと何十年もしてからだけど、僕もそこに行くからさ。そしたらレオやノアと仲良く、またみんなで暮らそうな。


トロ、本当に今までありがとう。出会えて嬉しかったよ。本当はもっといっぱいいっぱいお前と遊びたかったし、一緒に寝たり、一緒に過ごしたかった。実家に帰るたびにお出迎えしてくれて、部屋に来てくれて嬉しかった。
ドイツに行く前日、スーツケーズに忍び込んだトロ。可愛かった。一緒にドイツに来れれば良かったね。ブダペストで買ったブレスレットを、首輪にって送ったけど、それをつけたトロはカッコ良かった。よく似合ってたよ。

 家族みんなに癒しを与えてくれてありがとう。みんなトロと過ごせて幸せだったよ。


 トロ、ずっとお前のこと大好きだからな。天国で元気に暮らせよ。
 トロ、生まれてきてくれてありがとう。





 
スポンサーサイト

Japan | コメント:0 |
<<ぶらりと一人 | ホーム | 秋晴れというか、もう冬>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。