舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日本弾丸ツアー 今回も食い倒れ・大阪夏の陣

 日本弾丸ツアーも終盤、最終目的地は大阪。彼女のご実家に向かいました。

 結婚の承諾はすでに頂いていたわけですが、ちゃんと面と向かって挨拶はまだしていなかったので、下関からこれまで着ていたラフな格好から、ビシッと(サマー)スーツに身を包みいざ出陣!

 この日の大阪はまた猛暑で、彼女の家に着いた時には汗が止まらず。やはり僕には日本の夏は厳しすぎますね。

 挨拶も無事に済ませて、夜は彼女のご家族の皆さんで近所の焼肉食べ放題へ。

 
 さあ、90分間の試合開始です。

 序盤は順調に肉、サラダ、付け合せを攻略。1回の注文分=1ラウンドとした場合、第5ラウンドくらいまでは優勢。後半戦に入ったところで、彼女は脱落。デザートへシフトチェンジ。そのタイミングでお義母さんも脱落。残るは男3人気力との戦い。

 終盤に入ってお義父さん脱落。女性二人が食べる美味しそうなデザートに。

 ここからは僕と弟、崇くんの意地のぶつかり合い。崇くんが頼めば僕も加勢。僕はあらかた【敵は降参の姿勢】を見て、とどめは刺さずに陣を引くところだったのですが、そこから崇くんはどんどん牙城に攻めこむ。
 彼を一人にして陣は引けぬと、そこから引き返し共に残党を討つ。『もう大丈夫だろう』と僕がまた陣を引こうとした矢先に、また相手本陣から最後の抵抗。いやいや敵ながらあっぱれ。向こうがその気ならばこちらも受けて立とうとまた陣を引き返し敵を圧倒。

 気がつけば戦を終える合図の90分の法螺貝がなった。かくして2011年大阪夏の陣は終わった。



 
 もう少しデザート食べたかったな・・・・。


スポンサーサイト

Japan | コメント:0 |
<<DIPTYQUE  BAIES | ホーム | 日本弾丸ツアー たっぷり下関 聖地~決闘~温泉&そば~最西端>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。