舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大震災の傷跡

 大震災の傷跡が未だに残る母の職場。建物内を母と見てまわると、ここもあれもといろいろ修復しなければいけない所が多々目に付く。

 津波が押し寄せてきた八戸舘鼻港。いまはほぼ復旧したと言っていい。今日はじわじわ暑くなってきた日でした。
 DSC_0023_20110804235219.jpg

 ビル4階にある事務室の窓ガラス。ヒビが未だに残っている。
DSC_0024_20110804235219.jpg
 
 母や姉たちが見つけてくれた、津波で流された僕のリトルリーグでのメダル。塩水でだいぶ錆び付いていました。
DSC_0028_20110804235219.jpg

 こちらもおもいっきり海水をかぶった姉のフィルムカメラ。
DSC_0033_20110804235218.jpg

 管理人室から流された、鍵のケース。重さ20kgはあるであろうものが、いとも簡単に流されて行った。
DSC_0035_20110804235218.jpg

 小さい時の思い出が残る、かつて母が喫茶店をやっていた空間。
DSC_0046_20110804235218.jpg
天井まで水に浸かってしまい、すでに面影もない。中には、お店の札も落ちていた。

DSC_0049_20110804235959.jpg

 1階部分は天井まで浸水。そしていまだに海水が運んできた砂が残っている。
DSC_0050_20110804235959.jpg

 修復中の部屋。ここに入っていたテナントさんは2階へ事務所を移したが、元の場所に戻りたいということで、急ピッチでの復旧を望まれている。
DSC_0051.jpg

海側に面した入り口はシャッターも壊れ、ガラスも割れ、現在はベニアで封鎖されている。
DSC_0052_20110804235959.jpg

エントランスルームも床のタイルがはがされた。ここにあるエレベーター内はいまだ手付かずのまま。
DSC_0056_20110804235959.jpg


 被災したのは福島、宮城、岩手だけではないんです。八戸も、少し南の海に面した町も大きな被害にあっています。青森には未だに義援金、政府の支援などの話は来ていません。みんな自分の力で、復興に向けて日々戦っているんです。

 明日も暑くなりそうです。また明日も復旧に向けての戦いが待っています。しばしの休息の時間。
DSC_0057_20110804235959.jpg


スポンサーサイト

Japan | コメント:0 |
<<被災者の気持ち ボランティアの気持ち | ホーム | 八戸です>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。