舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドイツの運転免許証

以前このブログでも書きましたが、先日無事にドイツの免許を取得できました。
日本の免許証と引き換えになり、日本の運転免許証はハンブルグの交通局にて保管されています。
といってももうその免許は更新期限が切れちゃってるんですけどね。

しかし一時帰国などした際に日本で運転する場合はどうすれば良いのか?と言いますと、ロードサービス【JAF】でこの免許証を翻訳してもらえばOKです。
ただこれは人によって意見は異なるのですが、その翻訳したドイツの運転免許証は使用期間が決まっているとか、ドイツは免許の更新がないのでそのまま使えるとか永久に日本でも使えるとか・・・。
これに関しては僕も経験が当然無いので、今度帰国した際に実際に翻訳の手続きをとってみようと思います。結果はその時にでもお知らせいたします!!

ちなみにドイツの運転免許証はこんな感じです。
画像 005

一応安全面を考慮して個人情報的なものは隠させていただきました。
ご了承くださいませ。

これで初めて、ドイツの発行する公的な身分証明書(ビザ以外)を入手しました。ドイツでは身分証明書の携帯が義務付けられています。外国人は基本的にパスポートを持ち歩かなければいけません。
買い物でクレジットカードを使う場合も、提示を要求されたり、スーパーでお酒を買う場合などもよくあります。パスポートをいちいち出すのが何気に面倒くさい時だってあります
こっちの人からしたら、外国人の見た目はわかりにくいですからね。僕も未だに人の顔と年齢がまったく違っていることが多々あります。



さて、無事に発行されたドイツの運転免許証。果たして僕はどんな車両を運転できるのでしょうか。
実際に裏面を見てみましょう。

画像 004


こちらが裏面になります。
日本の場合は表側の下に取得した免許の種類が記載されていますが、ドイツは裏面で絵尽きで記載されています。

上からA1。多分これは日本で言う原付ですね。これは運転可です。

続いてAですが二つに分かれています。見た目大きいほうになにやら記載があるのでどんなバイクも運転可ですね。

そしてBです。これは一般的な乗用車。もちろん運転可。

C、Dは大型ですね。トラックやバスのことですが、これはさすがにダメです。
牽引なども不可です。DEのバスで牽引というのは今まで見たことがないですね。そんな免許持ってる人がいるんでしょうか。

下のほうのM。こっちが原付なのか、もしくはよく見かけるペダル付きバイクの事でしょうか。
エンジン切れば自転車みたいになるような物のことでしょうか。これも運転可のようです。

驚いたのはL。

これは耕運機のように見えます。トラクターですね。
なんと運転可です。

果たして運転する機会があるかは微妙ですが、今後もしかしたら農場で作業する事があったら役に立つかもしれません。折角もらった物ですからありがたくそのときは使わせていただきます。


スポンサーサイト

Leben | コメント:2 |
<<ヨーロッパにおける野球と言うスポーツと野球ワールドカップ開催 | ホーム | ドイツで知り合った日本人Vol.1【バックパッカー AKさん】>>

コメント

日本の免許でも、トラクターみたいな特殊車両もうんてんできるんじゃないの?そのままな気がしますが。
2009-03-29 Sun 00:01 | URL | ごとけん [ 編集 ]
そうでしたっけ?
もう覚えてないです・・・
2009-03-30 Mon 21:21 | URL | 広津 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。