舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Schoepfung 創造 creation

 今年は何かと忙しい1年になりそうでが、充実した1年にもなりそうです。

 いま僕が取り組んでいるのは『作曲』。新たに始動したバンドでやる曲をいきなりオリジナルメインで行こうと思っています。

DSC_00351.jpg

 本当のこと言いますと、僕はギターが弾けません。若干のコードが弾けるくらいでまともに一曲なんて到底出来ませんが、なんとか頑張って(しかもクラシックギターで)作曲してます。


 ものづくりは、写真でも音楽でも料理でも【創造力】が大事ですね。全体像から部分的な細かいことを決めたり、その逆だったり、完成させるまでの工程は人それぞれ違うけど、誰だって【良いものを創る】ということは前提にあるはず。

 僕だって自分が作るものは妥協せずに作り上げたいと思ってます。今でも覚えてる。日本にいた時、正確には富山にいたときにふとした時に、自分を省みるきっかけがありました。それはある周りの人間を見たとき。感性の乏しさを感じたときに、【自分はこうなりたくない】と思ったことがあった。【僕はこの人より上をしっかり目指そう】そう思ったのが留学を思い立ったきっかけの一つでもある。
 実際にドイツに来て、僕の考えはガラッと変わりました。たぶん、今の僕が日本に帰って、もう一回音楽の世界、特に指導をする機会があれば一目瞭然だと思います。かつての同業者とは真逆の概念で、それ以上の指導が出来る自信はあります。が、僕は日本では絶対に音楽の世界、特に吹奏楽の世界には戻りませんけどね。

 せっかく新たに始まった1年です。そして今年はいろいろとやる事も、新たに始まることも多々あります。そんな中で、僕の今年の目標は【感性をさらに磨く】っていうのが今年の大きなテーマです。自分のために、そしてみんなの為に、いろんな芸術に触れ、いろんな景色をみて、いろんな経験をしていきたいと思います。

スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<Scheisse Deutsche○ost und D○L | ホーム | テーマ [Verwandlung]>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。