舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何がハッピークリスマスだ・・・・

 クリスマス前になると、街のあちこちでクリスマスツリー用の木が、大きいのから小さいのまで所狭しと並べられ、道行く人たちは、買った木を担ぎながら岐路に着く。そんな光景をよく目にした。

 そしてクリスマスが終わり、年が変わると各家庭に華やかな演出を担った木たちはこのような結末を迎える。

DSC_0108_20110106225937.jpg


 無残に歩道に捨てられ、回収されるの待っている。そのうちトラックが回ってきて、後ろの荷台に放り投げられ、処分場に運ばれ、きっと燃やされるのだろう。

 こんなに環境に悪いイベントは無い。木は切られ、食用の動物たちはクリスマスにあわせて繁殖させられ、沢山の動物が食肉にされ、挙句終わったら、無残に捨てられ、そして処分される。もう殆どが人間のエゴの犠牲の上に成り立っている。

 果たしてこれで本当に【ハッピークリスマスなのか?】と、この時期になると、ちょっと考える。


スポンサーサイト

Leben | コメント:2 |
<<テーマ [Verwandlung] | ホーム | アドルフ・ヒトラーという人物>>

コメント

まるで汚なくなったものを投げ捨てる感じ。
昔だったら、薪ストーブにくべるんだけど。
こういう人たちに捕鯨について批判されたくない。
2011-01-06 Thu 17:07 | URL | ウメ [ 編集 ]
本当にそうですよね。
なにが環境大国だって思いますよ。
2011-01-06 Thu 23:30 | URL | 広津 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。