舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

明日開通!東北新幹線

 いよいよ明日、東北新幹線が新青森駅まで開通。東京?新青森間が約3時間という速さです。地元八戸にはすでに新幹線が乗り入れていますが、これまでは終点だった為、ゆっくり下車できたんですが、これからは急いで降りなきゃいけなくなっちゃうんですね。

 そして、名称も『はやて』から『はやぶさ』に変更。(これは明日からかは僕はわかりません)さらに新型車両が3月から導入されるようで、グリーン車は高級感たっぷりな車両のようです。

 いずれ新幹線は青函トンネルを通って北海道へ。それは2015年、函館駅まで延びるそうです。

 首都圏からの観光客を一気に呼び込むチャンス!!これまでは八戸が独壇場でしたが、これからは青森が参戦!ねぶた祭りの時期にはたくさんの乗客で賑わうでしょうね。八戸も負けじと何か策を考えないといけません。

 東京までの所要時間が片道3時間。往復でも6時間。朝出発して現地で6時間観光。その後帰路が3時間。日帰り旅行が可能です。

 八戸では駅の近くの八食センターがお奨めですね。お昼前に八戸着いて、路線バスで約10分です。そこでおいしい八戸の海の幸を楽しみ下さい。建物全体が大きな市場ですから、新鮮な食材が味わえます。回転寿司やら、買ってきた魚や貝を七輪で自分で焼いて楽しめるスペースもあります。

 そこからバスやタクシーに乗って街に出るもよし、駅に戻って在来線に乗って海のほうまで行くもよし。
古きよき昔の港町が今なお残る八戸をお楽しみ下さい。



 しかし新幹線が伸びてくるのはうれしい話ですが、少し残念な話も・・・。

 今回も福島の駅には止まらない。福島に行くには仙台で各駅停車のやまびこに乗り換えるしかない。東京からもやまびこに乗ってひたすら北上。なぜか『東北の玄関口』は仙台。福島は完全にスルーされちゃってます。JRの話では『青森までの所要時間がのびるから』らしいです。この辺がせっかちな日本人を象徴してますね。

 ドイツの場合、平気で遅れます。1時間遅れた挙句『心地よいご乗車を・・・』なんていう位の開き直りです。日本もそれくらいの余裕があった方がいいのかもしれませんね。


 さて、今回の開通でさらに近くなった青森。明日からどのような賑わいを見せるのでしょうか。

スポンサーサイト

Japan | コメント:0 |
<<John Lennon | ホーム | 早くも銀世界>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。