舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宿命 著:東野圭吾

今年は東野圭吾の本が多いですね?。


SSC_0079.jpg


 子供の頃に大好きだったサナエ。サナエと出会ったレンガ病院。そこで出会った一人の少年。
子供の頃からその少年には何もやっても勝てなかった。まさに【宿敵】。
 
 高校時代に出会った女性を愛した。しかしその愛は諦めざるを得なかった。そして、その女性は、かつての自分の宿敵と結婚していた。

 ある事件をきっかけに出会った、【宿敵】と【愛した女性】。調べるうちに、刑事であった父が追っていた事件と結びついていくことがわかる。そして、サナエの死んだ真相の裏に、ある重大な事件が隠されていた。




東野圭吾の作品らしく、よく練りこまれた作品だと思います。
初めから最後まで無駄なく、読み終わる頃にはすべてが繋がる。とても面白い作品です。


スポンサーサイト

Buch | コメント:0 |
<<朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論 著:近藤康太郎 | ホーム | 卒業 著:東野圭吾>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。