舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テーマ【アルコール】

 今日の授業で、あるテーマが出されました。
 そのテーマは、


アルコール

 午前の時間を1時間早めに切り上げ、午後の授業が開始するまでの2時間で、テーマに沿って一つのストーリーが成立する最大15枚の写真を撮って来いという課題です。


『はて、困った。』

 と思ったんですが、瞬く間に僕の頭の中にストーリーが浮かんで、写真の構図なども物の15分で決めました。あえて写真と一緒に文章は載せません。みなさんが、この写真を見ながらどのようなストーリーを思い浮かべるのか僕は楽しみです。


 では、お見せいたしましょう。

SSC_0039.jpg

SSC_0040.jpg

SSC_0041.jpg

SSC_0042.jpg

SSC_0043.jpg

SSC_0044.jpg

SSC_0045.jpg

SSC_0046.jpg

SSC_0047.jpg

SSC_0048.jpg

SSC_0049.jpg

SSC_0050_20100626040743.jpg

SSC_0051.jpg


 いかがでしたか?
 発表の際には、なかなか好評でした。ドイツ人の前で、ビールを粗末にした写真を見せるのは気が引けましたが、どうしてもこのストーリーの完結には必要不可欠でした。

 
 他のクラスメートの作品は、酔っ払っている状態の目線(女性の胸やお尻の写真)や、視界をぼかしたりして表現していました。もう皆さんもお分かりだと思いますが、僕のストーリーは、【なけなしの金で買ったビールを結局は飲めなかった哀れな男】というストーリーです。
スポンサーサイト

Foto | コメント:0 |
<<苔のむすまで 著:杉本博司 | ホーム | FIFAの粋な計らい(?) >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。