舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

天空の蜂 著:東野圭吾

続けてもう一冊。

【天空の蜂】著者:東野圭吾
SSC_0004_20100617212441.jpg

軍事用に改造されたヘリコプターが、領収飛行の日の早朝、無人で飛び立った。
向かった先は原子力発電所上空。


突然のことで何が起こったかわからず、飛んで行った飛行機を見つめることしか出来なかった開発者たち。
そして、そのヘリコプターに勝手に乗り込んでいた、開発者の子供。


上空千数百メートルでの救助作業。犯人からの要求に、政府の反応は?
犯人の意図とは何か?



日本の電力の約4割を作り出している【原子力発電所】。原発反対者と原発側、そして開発者の様々な思いも交錯する作品。

原発はよくないと言いながら、なんだかんだで原発の電力に依存しなければならない日本。
もしも、日本の原発が止ってしまったら・・・という生活もこの本から理解することが出来る。

本にも書いてありますが、日本国民は、もう少し原発に対して、学習や理解をするべきかも知れません。
スポンサーサイト

Buch | コメント:0 |
<<MSL第9戦 TNT戦 | ホーム | どちらかが彼女を殺した 著:東野圭吾>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。