舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どちらかが彼女を殺した 著:東野圭吾

久々に読書レビューです。

SSC_0003_20100617212442.jpg


唯一の肉親である妹から、意味深な電話が掛かってきた兄。
気になって妹のアパートを訪ねると、妹の変わり果てた姿を見つける。

警察官の兄は、自分で犯人を見つけようと現場である妹の部屋を自殺に見せかける。

独自の調査で犯人を二人に絞り込んだが、最後の最後でどちらが犯人なのかわからない。
その二人は妹の元恋人と、妹の親友の女性。

果たして犯人はどちらか!






この本の面白くて、難しいところは読者が犯人を判断しなければならないという所です。

随所に散りばめられたヒントを元に、真犯人を当てられるでしょうか?


スポンサーサイト

Buch | コメント:0 |
<<天空の蜂 著:東野圭吾 | ホーム | 僕らは韓国人ではありません>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。