舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パリ4日目 オペラ座とダイアナ妃

4日目も朝から快晴。

日中のエッフェル塔を間近で見るために、バスと電車で移動。
このアングルの写真は、よく見かけますね。
SSC_0457.jpg

エッフェル塔ってなんか赤いイメージがあったんですが、実際はこげ茶色。
SSC_0458.jpg
セーヌ川に掛かる橋から。なんか合成っぽいですけど・・・・。
SSC_0459.jpg


そしてオペラ座へ。
SSC_0461.jpg
ミュージカル【オペラ座の怪人】のなかで、ファントムはオペラ座の地下に住んでいるとなっていますが、実際に浮浪者が入り込んで、怪しい雰囲気だったそうです。

オペラ座の客席に向かう大階段。
SSC_0462.jpg

ホールの天井には、シャガールが描いた天井画が。
SSC_0463.jpg

客席も豪華です。
SSC_0464.jpg

舞台の緞帳もなかなかおしゃれなデザイン
SSC_0465.jpg

元々は王宮だったため、廊下はこんなに豪華なところも
SSC_0466.jpg

その廊下の奥には、ちょっとした博物館もありました。
SSC_0467.jpg
1800年代後半、ベルディ作曲のオペラ【アイーダ】の公演時の舞台装置。
奥行きや、天井の高さが想像以上に大きいことがわかります。

所蔵されている楽譜の数々。
SSC_0468.jpg


さて、この日は日本から新婚旅行でパリを訪れている知り合いに会う約束がありました。
待ち合わせ場所はノートルダム大聖堂。

大聖堂の前にはこのマークがあります。
SSC_0469.jpg
この場所を基点として、パリからの距離が計測されています。


お昼ごはんは、本に載っていたお店【シェ・ネネス】へ
SSC_0472.jpg
アパルトメントが立ち並ぶ街の一角にあるお店で、値段は安いが味は抜群!

4種類のメイン料理から一つ選んで、僕はステーキを頂きました。
久々の牛肉に大興奮の僕は、写真も撮らずにぺろりと完食。

僕の頼んだデザート【ラズベリーとアイスクリーム】
SSC_0470.jpg
がっつり肉を食べた後に、ラズベリーでお口もさっぱり。

彼女が頼んだのは【プリン】
SSC_0471.jpg
やわらかい食感がたまりません。

御夫妻と少しお別れをして、僕たち二人は香水博物館へ。
SSC_0473.jpg

香水の作り方や道具、材料などが展示されています。
SSC_0474.jpg

SSC_0475.jpg

SSC_0476.jpg


夕方にまた御夫妻と合流。
モンマルトルの丘にまだ行っていないというので、4人で行ってきました。

サクレ・クールを見た後は、その界隈を散歩

SSC_0477.jpg

SSC_0478.jpg

壁抜け男の銅像
SSC_0479.jpg
正面から
SSC_0480.jpg
なかなか長身なおじさんです。しかも実際かなり大きい。


お腹が空いたので、近くにあったお店でクレープを食べました。
SSC_0481.jpg


御夫婦と別れて、僕らは夕方の凱旋門を見ながら、次の目的地に移動。
SSC_0482.jpg

1997年8月31日、パリでダイアナ妃が交通事故で亡くなった。
そのトンネルの上に立つ記念碑【自由の炎】
SSC_0483.jpg

トンネルの上の歩道には、彼女へのメッセージが書かれている
SSC_0484.jpg

SSC_0485.jpg

そしてそのトンネル
SSC_0486.jpg


帰りのバスを待ちながら、パリ最後の夜、エッフェル塔の夜景を眺める
SSC_0487.jpg

SSC_0488.jpg

スポンサーサイト

Frankreich | コメント:0 |
<<パリ5日目 Au revoir Paris | ホーム | パリ3日目 オルセー美術館で名画の数々を堪能>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。