舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

明日に備えて

今夜は、ハルツ地方の山奥にある【ターレ】という街で、魔女祭りが行われています。

毎年4月30日の夜から、山の上にある広場で、魔女に仮装した人たちが一晩中踊るという、伝統行事が行われます。
いまこのブログを書いてる時間がまさに真っ最中。

本当は僕も行きたかったんですが、今日は学校もあったし、友達の絵の展示会もあったし、中国人の友達がもう明日ベルリンを離れるというので、最後に会って来ました。


それに明日はメーデーです。


ベルリンのメーデーは特に過激で、2?3年前は車が燃えました。
さらにスーパーも襲撃され、通りのお店のショーウィンドーも沢山割られました。



警察VSネオナチの暴動のようなものです。


別に何か世の中に不平不満があるわけでもなく、この機会に警察相手に暴れてやろうと思ってる輩が殆どだと思います。
そしてその周りには野次馬はもちろん、アンチネオナチの人達も大勢集まります。

明日は、僕もそこに撮影に行ってきます。

周りの人は心配して、『行かない方がいい』といいますが、今、僕が求めてる被写体というのは、


【ノンフィクションであること】


まさに、僕の目の前で起こってる真実を写真に収めたい。
ジャンルで言えば【報道写真】ですね。


もちろんアート的な写真も撮りたいと思っていますが、こんな機会めったにないので、危険は承知で行って来ます。


明日のブログで、写真も公開できるかと思います。




スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<メーデー Kreuzberg | ホーム | 変身 著:東野圭吾>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |