舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サトちゃん帰国

久々のカテゴリー【ドイツで知り合った日本人】のブログですね。

今回は本人の許可もなんも取ってないので、実名も写真もありませんのでご了承下さい。


今日、友達の一人【サトちゃん】が1年のドイツ滞在を終えて帰国した。
このブログを書いている現在彼は、きっとロシア上空を日本に向かって飛行中。

僕は昨日彼と会って、食事した。
帰国前に1ヶ月ほど、彼はヨーロッパを旅行していた。

ドイツからバルセロナに飛んで、そこでサッカーの試合を見て、それ以上にバルセロナと言う街を物凄く気に入ったそうで、その直後に行ったローマにはガッカリしたと・・・。そしてベルギー、オランダを回ってドイツに戻ってきた。

その話で終始盛り上がった。

僕はもう3年半ドイツに住んでいて、まだ行ってない国や場所が結構ある。
そんな行ったことがない場所の話を聞くのが、僕はとても面白い。

僕はその人の話を聞きながらと、その人が何に興味を持って、どんな風に感じたかを、その人の人物像と照らし合わせながら聞く。

彼の目線はなかなか面白い。彼の体験もまた面白い。
だから、今回の彼の旅行記を聞きながら、『まったく持って彼らしい旅だな?』と思った。

以前香港に住んでいたことがある彼は、香港での生活の話もなかなか興味深かった。(まあ、友達とふざけてわざと●●を止めたとかはさておき・・・)ドイツに来てすぐに財布を落とした(すられた)とか、何かと海外生活の洗礼も浴びた彼だけど、何だかんだで1年間楽しんだようだ。ドイツ語も学校に行ってちゃんと勉強してた。

でも昨日彼は、『やっぱ英語ですよね?』としみじみ言った。
僕も正直、そう思う(笑)。

ドイツに住むならドイツ語は必要だけど、住まないなら英語で事足りる。その上世界中で通じる。

彼は日本に帰って、お金を貯めて、次は英語圏に語学留学したいそうです。


でもそんな彼が、日本よりドイツの方がいいと思ってること。

【街中をビールを飲みながら歩ける】

確かに日本ではまず見る事が無い光景。
間違えても日本でやらないようにね。またいつか、どこかで会おう!!


スポンサーサイト

Berlin | コメント:0 |
<<適当論 著者:高田純次 | ホーム | 塩狩峠 著者:三浦綾子>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。