舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【精霊流し】 著者:さだまさし

もう今年も2ヶ月が終わろうとしてるわけですが、今年から読書を習慣にしようと思い立ち、このブログで記録というわけではないのですが、読んだ本を更新していこうと思います。

カテゴリーも新しく【読書2010】としました。
記念すべき第一作目は歌手のさだまさしさんが書いた【精霊流し】です。

DSC_0001_20100226233157.jpg

カバーも無くボロボロですがご了承下さい。

主人公【雅彦】が成長していく上で、様々な出来事、たくさんの人達との出会いや別れを経て、ふるさと長崎県の伝統行事【精霊流し】を経験しながら、彼の周りの人情や、温かさを感じることの出来る作品です。


あのやさしい曲調の、やさしい歌詞を書くことが出来る人だから書けた作品だと思います。
スポンサーサイト

Buch | コメント:0 |
<<トットの欠落帖 著者:黒柳徹子 | ホーム | 散歩がてら>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。