舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

三歳児に好かれる

最近、知り合いのお宅でベビーシッターをやってます。
毎日ではないんですが、連絡があったら行くって言う感じで、かれこれ4回ほど行きました。

そこのお宅は奥さんがドイツ人(日本語ペラペラ)で旦那さんが日本人。お子さんが3人(8歳、5歳、3歳)いて、3人とも日本語は理解できるけどあんまり喋らない(ドイツに来て2年くらいで、もうドイツ語のほうが楽なんだそうですよ・・・子供って覚えるの早いですよね)


僕が行くときは必ず一番下の三歳の女の子の相手です。

上の子は学校やら幼稚園に言ってて、その子はお母さんとお家でお留守番。
でもお母さんも家事やら何やらありますから、僕がその子の相手をしたり、僕が家事をやったりしています。


僕が行くとその女の子は僕のところに飛んできて、『だっこして』やら『かたぐるまして』といって、ずーっと僕から離れません。お昼ごはんも僕の足の上に座って食べたり、自分のパプリカを僕に分けてくれたりしてくれます。

ただ、お母さん曰く

『帰るときはそっと帰らないと、泣き出すから』

と言うので、帰るときは『バイバイ』も言わずに、一人で遊んでるうちに帰らなければなりません。


この子がまた可愛いんですよ、本当に。
最初に行った時から僕にべったりで、お母さんには『本当に広津さんの事をこの子は大好きなんだね?。』と言われるくらいです。

僕も子のこといると飽きないんです。
今日は神経衰弱みたいなゲームをしたり、普段はあんまり行きたがらないのに、僕がゴミ捨てを任されたら一緒について来てくれたり、さらに今日は雪だるまも一緒に作りました。
その後は肩車をして、家の周りをぐるっとお散歩。仕舞いには肩の上で眠りそうになってました。
話しかけても返事がありませんでしたから、たぶん寝ちゃったんでしょう。


一緒にご飯を食べて、お部屋の片づけをしている内に、一人でお人形遊びをしてました。
本当は帰るときに一言言いたいですけど、泣き出したらお母さんがまた大変ですから、そこはぐっと堪えて帰ってきました。

(残念ながら許可をもらってないので、写真を載せることが出来ません。ご了承下さい)
スポンサーサイト

Leben | コメント:2 |
<<初日の出じゃないか? | ホーム | スタジオ見学>>

コメント

ひさしぶり!
元気にしてた?
パソコンの中に保存してたアドレスやメール、消えちゃったのv-356
時間あるときメールください。
あと、私、4月から就職決まったんだ!
八戸に住むことになったので。
よろしくね☆
2010-01-20 Wed 12:57 | URL | かよりん [ 編集 ]
おめでとう!

じゃあ旦那さんの通勤時間と距離がまた伸びちゃうんだね。
メール送っておいたよ。
2010-01-21 Thu 18:22 | URL | 広津 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。