舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

せんべい汁

ここ数日は気温も中途半端で、寒くもなく暖かくもなくという日々が続いています。

先日実家から救援物資が到着しまして、その前日に近所に住む知り合いのお宅でお鍋をした際に、余った野菜などを頂いてきました。

さて、ご飯何にしようかと思っていた矢先に荷物が届いたので、荷物の中に入ってた材料を使って、地元の郷土料理を作ってみました。

その名も

せんべい汁

今日はそのせんべい汁の紹介です。

なんと僕が子供の頃、給食にも出ていた一品。


まず【せんべい汁】を簡単に説明しますと、しょうゆベースのだし汁に野菜をいれて、その中に南部せんべいを入れて食べます。ただ、そのおせんべいも味がないものでなければいけません。

ということで、下の写真のような白いせんべいを使います。
DSC_0002_20091117234733.jpg
やっぱり南部せんべいは【いずもり】が一番。

ゴマや豆せんべいと同じような模様も入ってます。
DSC_0005_20091117234733.jpg
しかし、白いせんべいでなければいけません。

その理由は最後のほうに。

そしてそのおせんべいを割って、お鍋に入れます。
DSC_0006_20091117234733.jpg

そしてさらにお鍋を弱火で暖めます。


完成がこちら。
DSC_0008.jpg

割ったおせんべいが、お麩のように柔らかくなります。

白いおせんべいでなければならないのは、野菜やお肉から出た旨みを、おせんべいが吸って、さらに美味しくなるのです。
だからゴマや豆などの味があるせんべいを使うと、逆に味を変えてしまうんですね。


これからの季節は、美味しい鍋の季節。

日本にはいろんなお鍋がありますが、僕はこのお鍋が好きです。
スポンサーサイト

Food | コメント:2 |
<<バカ正直なもんで・・・ | ホーム | Robert Enke>>

コメント

ものすごくカルチャーショック!
せんべいを煮るなんて発想はなかった。
2009-11-17 Tue 19:15 | URL | ウメ [ 編集 ]
地元では誰もが知ってるポピュラーな食べ物なんですよ。
美味しいんです、これがまた。
2009-11-17 Tue 19:36 | URL | hirotsu [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。