舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20 Jahre Mauerfall

外はあいにくの雨。しかし中心地に行く電車は、大勢の人でごった返し、満員だった。

Brandenburger Torの駅に着くと、武装した警官隊が出入り口を封鎖し、たった一つだけの出口に大勢の人達が殺到。
DSC_0002_20091110081046.jpg

雨は少しずつ強くなってきた。
DSC_0005_20091110081046.jpg

最初に行ったのは旧東側の広場。
何とか人の隙間を掻い潜って、門に少しでも近づこうとしたんですが、真ん中くらいで身動きが取れなくなりました・・・。
DSC_0011.jpg

ここで19時からベルリン国立歌劇場のオケと合唱が、バレンボイムの指揮で約30分のオープンコンサートを行った。
最後のほうでは、世界3台テノールの一人プラシド・ドミンゴが登場し【Berliner Luft】を披露。大型スクリーンでみたドミンゴは、もうだいぶ老けた感じがしましたが、声は相変わらず素晴らしかった。

このコンサートは、ドイツの首相【アンゲラ・メルケル】をはじめ、かつてベルリンを分割していた、ロシア、フランス(サルコジ大統領)、アメリカ(ヒラリークリントン)、イギリスや、各国首脳陣が参加。さらに旧ソ連のゴルバチョフも式典には参加していました。

みな、スクリーンの演説を凝視
DSC_0033_20091110081046.jpg

門の前はいつの間にか入場制限がされており、多くの人は遠くからスクリーンを眺めていました。
DSC_0041_20091110081045.jpg

その後Potsdamer Platzに移動。
DSC_0046.jpg

ここも大勢の人が集まっていました。
DSC_0048.jpg


なんとBon Joviが一曲だけ門の前で歌った。
雨の降りしきる中の熱唱。ギタリストはこの寒い中指が動いたもんです。


今回このイベントでは、壁崩壊に見立てたドミノ倒しが行われました。
このPotsdamer Platzはそのドミノ倒しのスタート地点。
ドミノ倒しの様子(Youtubeより)


さすがにドミノの前までは行くことが出来ませんでした・・・。
せめて、大型スクリーンに映ったメルケルの横顔と倒れていくドミノが重なった写真でお許し下さい。
DSC_0061.jpg

フィナーレは花火
Youtubeでアップされてましたので、こちらをどうぞ。
フィナーレの花火


※後記※


この日は、壁崩壊のイベント。
本来ならば【壁】がないはずなのですが、この日に限っては東側・西側の移動が、警官隊の【壁】によってさえぎられ大変でした・・・。
最初にコンサートを聞きに東側の広場へ行ったんですが、むしろそれは失敗だったかもしれません。
コンサート以外のイベントは殆どが西側じゃないと見れない。はじめから西側の門の前にいれば、ドミノも、メルケルも、Bon Joviも、ゴルビーも見れたのに・・・。今思えばコンサートを優先してしまった作戦ミスですね。結局ステージも傘や人ごみで殆ど見れてません。ドミンゴの人影も見れませんでした・・・。
スポンサーサイト

Foto | コメント:0 |
<<Robert Enke | ホーム | あれから20年>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。