舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

また一緒に野球がしたかった

今日帰ってきたら、mixiに地元の友人からメールが来ていた。

【ざんねんな話ですが】というタイトル。

なんのことかさっぱり分からなかった。僕はメールを開いた。

書いていた内容は、リトルリーグで一緒にプレーした、僕らの代のキャプテンが、仕事中の事故で亡くなったという。

リトルリーグを引退してから殆ど会うことはなかった。
そんなメンバーは沢山いる。
今となってはどこで何をしてるのか分からないメンバーが殆どだ。

いつかまたみんなでどんな形でもいいから会いたかった。

また、あの時のように野球がしたかった。


でも、彼はもういない。


もう会えない。


話すことも、キャッチボールすることも出来ないと思うと、ものすごく寂しい。

一生懸命練習して、試合に勝ったこと。大会に優勝したこと。いろんなことを思い出す。

試合中に円陣を組んで、彼の掛け声でみんな気合を入れてた。

彼がキャプテンとして、みんなをしっかり引っ張ってくれた。

試合で勝ってみんなで笑った。

負けて悔しがってた。

ヒットやホームランでチームが盛り上がったこと。

ファインプレーでピンチを切り抜けたこと。

僕の人生の中にある【野球】という記憶の中で、彼は笑っていた。真剣な眼差しをして、集中していた。そして何よりも、


野球を楽しんでいた。


その思い出は消えない。だから僕は彼を忘れない。


事故で亡くなったのは、本当に残念。
まだまだやりたいことだってあったはずだし、今はやってたかどうかは分からないけど、きっと野球は好きだったはず。




ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

Leben | コメント:0 |
<<あれから20年 | ホーム | 雪が降りました>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。