舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プラハ旅行記【2日目編】(思いのほか長いから前編)

さ?、2日目に行きますよ。
写真が多いため、前編後編に分けてお送りいたします。

2日目の朝、まずはプラハの【ユダヤ人地区】へ向かいました。

ここは【新旧シナゴーグ】
2日目 (4)
ギザギザの屋根が特徴。

【儀式の家】
2日目 (6)
亡くなったユダヤ人が、裏にある墓地に埋葬される前に、ここで葬儀が行われていた。

写真は撮れなかったが【ピンカスシナゴーグ】の壁一面にはナチスに殺害されたユダヤ人約8万人分の姓名、死亡場所、死亡年月日がびっしり書かれている。

ピンカスシナゴーグの裏には【旧ユダヤ人墓地】がある。
2日目 (16)
ユダヤ人地区と言うのはその名の通り【ユダヤ人】の為の地区であるが、決して広いわけではない。
かつてはゲットーと呼ばれ、その地区にしかユダヤ人は住むことが許されなかった。
数百年の間、ユダヤ人は差別を受け続けてきた。

写真のように、限られた【墓地】と言う空間に無数の墓石が並んでいる。

2日目 (12)
長い時間が感じられる


再び旧市街広場
2日目 (25)

町を見ると犬の糞は無い。すると、こんなものを発見
2日目 (28)
町の至る所で見ました。これはドイツでもやって欲しい!


モルダウ川とプラハ城
2日目 (30)

正午になると、プラハ城では衛兵の交代式が行われる。
これも立派な観光の一つとなっているため、物凄い人だかり。
なんとか人ごみを掻き分けて前のほうで写真を撮ることができました。
2日目 (64)


2日目 (41)
正門脇の衛兵の交代の様子。
上官を前に後ろ二人が警備にあたる。

2日目 (51)
敬礼をして

身なりを整え交代終了
2日目 (54)

新しく勤務に就く衛兵達
2日目 (69)

2日目 (74)


前編はこのくらいで・・・。
スポンサーサイト

Tschechien | コメント:2 |
<<プラハ旅行記【2日目編】(後編) | ホーム | プラハ旅行記【1日目】>>

コメント

イヌのフン袋はドイツでもたまに見るけど(町なかにない!)、袋ごとその辺に捨てているよ。
プラハ城の衛兵は、冬はやっぱり寒いからロシア帽を被るんだね。
2008-12-27 Sat 20:33 | URL | ウメ [ 編集 ]
俺は全く見たことないですね~。
常に生まれたてのまんましか見たことないですよ。
2008-12-31 Wed 02:33 | URL | 広津 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。