舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

ご報告 〜舞台写真家として〜

もうご存知の方もいると思いますが(事前にお知らせした人もいるので)、12月23日付をもちまして、ドイツで所属していた会社を退社いたしまして、本日12月24日より、フリーの【舞台写真家】として新たに人生を踏み出すことになりました。

5年前に結婚をして、生活のためにカメラマンの仕事と並行して飲食業に携わってきました。
のちに社員として雇っていただき、生活は安定した反面、写真の仕事が制限され、思うように動けなくなりましたが、土日祝日は細々と仕事をこなし、経験を積んできました。
ただ心の奥で『これは僕の人生じゃない』と日々訴える自分と、『生活の為に』と抑える自分がいました。

この5年間、いろんなものを撮影して、いろんな経験をさせて頂きました。
果たしてどれが自分に合っているのかを模索しながら、結婚式やコンサート、プロフィール写真にスポーツ、宣伝写真に共同通信とのお仕事など、僕にとって全てが勉強、素晴らしい経験になりました。

しかし、そこまで器用ではない僕が、ジャンル問わず熟せるわけがありません。

写真を始めた時は、人生で一番の衝撃を与えてくれた写真である【報道写真】をやりたいと考えていましたが、この数年間で僕の気持ちに変化が生まれました。

音楽を辞めた時、僕の心と身体は完全に音楽をシャットアウトしました。
その当時は妻がコンサートに一緒に行こうとついて行っても、音楽が始まると身体がいうことを聞かず落ち着いて座っている事も出来ず、身体が拒絶反応を起こすようになりました。
パソコンの中に入っていた音楽を全て消し、1年以上楽器を出すこともありませんでした。

ベルリンで写真学校に行き、同時にフリーとして動き出した時に知り合ったイベントプロデューサー。彼のオーガナイズするファッションショーやコンサートを撮影するうちに、少しずつ僕の身体が音楽を受け入れるようになってきました。
撮影しながら、演奏しているミュージシャンや歌手の表情や音楽の癖を見抜けるようになった。口は死んでも僕の目と耳の音楽感は死んではいなかった。
だんだんと音楽の写真撮影が楽しくなってきた。でも生活の為に飲食業は辞められなかった。『いつかはこのぬるま湯を出なければいけない』と思っていても、その時のタイミングで飛び出したら、生活が出来なくなる。夢を追うか、生活を取るか。僕はいつも生活を選んだ。

今年の5月に職場を変えた。と言っても結局は飲食店。
そこで働きながら、日々自問自答していた。

『このままでいいのか』と。

僕は料理は好きだ。職場が変わって、自分が作りたいものがいくらか作れるようになったが、結局は僕の料理だって素人の料理。ドイツ人のマイスターコックの作る料理と同じクオリティを出せるわけがない。妻とも相談しその翌日、社長に試用期間終了と同時に退社する意向を伝えた。

『僕はカメラマンだ。コックじゃない。これからは包丁じゃなくてカメラを右手に握っていたい。』

そう伝えた。
このタイミングを逃したら、僕はきっとこのままぬるま湯に浸かったままだ。これまで写真だけに専念できる時間なんてなかった。でもこれで僕は自分の写真に専念できる。

じゃあこれからどうするか?
もういろんな写真を撮るのは辞めて一本化しよう。そしてやはり僕は音楽に携わっていたい。
そう思っていた矢先、先のBlogでも書いたように、友人の歌手Elenderが亡くなった。

いつも僕の下手くそな写真を喜んでくれていた彼女。
もっと綺麗な写真を撮ってあげればよかったと心から悔やんだ。
僕の妻も歌手である。ベルリンの友人たちみんな、音楽を奏でている時は輝いている。僕は一人でも多くの音楽家を撮影したいと思ったし、それを自分の誇れる仕事にしようと決めた。
音楽を真剣に学んだからこそ、僕にしか撮れない写真があると思う。自分の音楽で培ってきた耳と目を武器に、これから勝負に出ることにしました。

同時に、トロンボーンの練習も再開。音楽を撮影する上で、自分の音楽感をもう一度鍛え直そうと考えました。あとひとつ、一度は諦めた夢【フィルハーモニーで吹きたい】。これを実現したい。
今更プロを目指す気は無いですが、下手なプロより上手いアマチュアくらい目指したいと思います。
僕のトロンボーン人生に一度ピリオドを打った、あのドイツ人に土下座させるくらいにはなりたいなと。

写真の活動は今現在、自分のポートフォリオ用に写真を撮り貯めています。
今月オペラの撮影に行ったのはそのためです。他に音楽家のプロフィール写真やコンサートなどのチラシ用の写真など撮影しております。
3月に日本に一時帰国いたします。その際に、音楽関係の出版社など回って営業活動させていただく予定です。
音楽に限らず、演劇も含めた舞台写真家として活動してまいります。

活動名は、本名ではなく【廣津孝平、】です。
よろしくお願いいたします。






スポンサーサイト
Leben | コメント:0 |

事件から一夜明けて

以前から『いつか起こるだろう』と思っていたベルリンでのテロが起きてから一夜明けた。

街はいつものように人も行き交い、まるで昨日のことはなかったかのようにも感じた。
でも一様にみんな、お互いの無事を喜び、犠牲者の方々への哀悼の意を述べる。

ついにベルリンでもテロが起きた。例の集団からの犯行声明も出た。
ただ、この犯行声明は、乗っかった感が否めない。

警察は現場から逃走したと思われた犯人をなぜか釈放した。
真犯人は他にいるとの見方だが、果たしてそれで良かったのか。

事件が起きる前に、妻と現場周辺に行く予定があったが、特に急ぎの用でもなく、僕の所用に付き合ってくれていた妻がだいぶお疲れのようだったので、予定を途中で切り上げ、家で妻と夕食を取った後に事件のことを知った。

僕は人混みが嫌いなので、好んでクリスマスマーケットには行かない。
でも妻はこの時期ウキウキしているので、もしかしたら『あそこのクリスマスマーケットに行こう』と言ったかもしれない。

ある意味僕たちは運が良かったのかもしれない。
もしかしたら巻き込まれていたかもしれないし、目の前であの惨劇を見てしまったかもしれない。
僕はついに身近で起こったテロを目の当たりにして思ったのは、

『巻き込まれるか否かは運でしかない。』

ということ。
つい先日までベルリンの街は地下鉄の階段で起きた『蹴落とし事件』で持ちきりだった。
地下鉄のホームに向かって階段を降りていた女性が、後ろから男性に蹴落とされて、顔に怪我を負い、腕を骨折した事件があった。
この事件も十分な衝撃を与えたが、今回は夏にフランスでも起こったトラックによる暴走事件。
あんな巨大なトラックが目の前に現れて、お店や人をなぎ倒しながら向かってきたら、多くの人は足がすくんで動くことができなかったのではないかと思う。

『気をつけて』

と言われても、あんな状況だったらどうしようもなかっただろう。
目の前にトラックが突っ込んでくる。そのような状況で誰が理性的に行動できるだろうか?
そう考えたら『運』でしかないと思った。

しかしベルリン警察が公式Twitterで、Facebookでの安否確認を推奨していたことに驚いた。
確かに身元確認作業の手間が大幅に省くことができたかもしれませんが、もうベルリンにいない人が、現在地ベルリンになっている人も大勢いました。しかし、多くの人たちが更新された安否確認を見て安堵したことだろう。
でも事故直後から1時間ほどはFacebookに接続しにくい時間だった。


クリスマス前に、悲しみに溢れたベルリン。
現場では多くの献花が始まっています。




Berlin | コメント:0 |

Staatsoper Berlin : Manon Lescaut (マノン・レスコー)

先日、Staats Oper Berlinの公演、プッチーニ作曲のオペラ【Manon Lescaut】(マノン・レスコー)の撮影をさせて頂きました。

th_20161130-KHP_4253.jpg

th_20161130-KHP_4264.jpg

th_20161130-KHP_9611.jpg

th_20161130-KHP_4145.jpg

th_20161130-KHP_4171.jpg

th_20161130-KHP_4320.jpg

th_20161130-KHP_4337.jpg



Foto | コメント:0 |
| ホーム |