舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

LeoとNoir

 最近気温は下がってきたけど、好天が続いています。
 我が家の猫達は、日の当たる窓辺で仲良くお昼寝してたり、毛繕いしあってます。

SSC_0097.jpg

 Noirがうちに来て早1年経ちました。はじめは警戒しあってた二匹ですが、LeoもNoirも仲良くなり、一緒にじゃれて遊んでいます。いつしかLeoはお兄ちゃんとしての自覚が芽生えたようで、未だわんぱくなNoirをしっかり面倒見てるように見えます。

 猫二匹いる空間。かつてLeoが一匹でいた時より、にぎやかで、さらに癒しのある空間になったと思います。


スポンサーサイト
Katzen | コメント:0 |

Visitkarte

 久々に自分の名刺を新しく作りなおしてみました。

SSC_0065.jpg


 名刺用の紙を買ってきて、自分でレイアウトを考え、作業用のプリンターで印刷。
 今回、厚みのあって比較的に良い紙を買ったので、いろいろ字体とかこだわり、試行錯誤したんですが、結局シンプルなものに落ち着きました。


Leben | コメント:0 |

My Favorite Things

DSC_0006_20110913200843.jpg



Foto | コメント:0 |

さらば日本、また来年!!

 あっという間に3週間が経ち、僕と妻はドイツに向かうために八戸を出発。相変わらず成田で1泊です。

 成田駅前のホテルを予約し、駅周辺で晩ご飯を食べようと辺りを散策。日本最後の食事はチェーンの大衆居酒屋。

 『たまにはこういうとこで食べるものいいね~』

 なんて言いながら、たこわさ、チャンジャ、串盛り合わせやら酒も飲まずに居酒屋メニューをたいらげる二人。

 翌朝はシャトルバスで成田空港へ。円高の影響もあって空港内は大賑わい。今回のフライトでは預け荷物が23kgを2個までなので、ここぞとばかりにぼくら二人荷物を持ってきたため、なかなか大変な移動でした。

 さあ、ドイツへ帰りましょう。

 しかし成田空港は穴だらけですね。
DSC_0453.jpg
(ダジャレです。今回はANAではなくオーストリア航空です。あんまり良くなかったな・・・・)

 八戸を出る前夜、温泉の帰りに結婚指輪も無事に到着。この夏一大イベントが無事に終了。
DSC_0450.jpg

 長いフライトを終えて、無事にベルリンへ。愛猫のLeoとNoahも元気そうでした。

Japan | コメント:4 |

家族で温泉

 温泉&ホヤラーメンでもと言うことで、家族で姉の車で岩手県まで。(といっても八戸から車で1時間かからないところ)

 アグリパークおおさわで部屋を借りて、のんびり。
DSC_0408.jpg

 楽しみにしていたホヤラーメンはなんとありませんと言われました・・・。津波の影響で今年は殆ど捕れず・・・。仕方ないので(仕方なくてこれかよ!と思うかもしれませんが)姉は、うにスパゲッティー
DSC_0411.jpg

 僕と妻と母は海鮮ラーメン
DSC_0412.jpg
はい、うにドーン!

 腹も膨れて部屋に戻り、妻は浴衣に着替えてテラスへ。
DSC_0421.jpg

 露天風呂、サウナと約1時間楽しんで、僕は部屋に戻ってきて、誰よりも長湯だった妻。部屋で寝転びながらパック。
DSC_0432.jpg


 温泉から帰り、家族で過ごすこの夏最後の夜。
DSC_0439.jpg
↑トロも入ってます。

姉おすすめのラーメンはマズイけど餃子が旨いという謎の店の餃子とお刺身。
DSC_0442.jpg

つぶも美味しく頂きました。
DSC_0445.jpg


 3週間のこの夏の日本滞在ももう終わり。翌日は成田で1泊!


Japan | コメント:2 |

青森観光

 入籍の翌日、折角なので二人で日帰り旅行。向かった先は青森。

DSC_0350.jpg

 青森の観光名所、観光物産館【アスパム】
DSC_0355_20110910203921.jpg

 ますは腹ごしらえ。僕の思い出のラーメン屋さんへ。
DSC_0356_20110910203921.jpg

 ここのメニューはラーメンの中、大のみ。
DSC_0357.jpg
サイドメニューとしておにぎりがあるだけです。味は純粋な醤油ラーメン。絶品と言うまでではないんですが、なぜか病みつきになる味なんです。
DSC_0358_20110910203921.jpg

 青森駅横にあるねぶたの館【ワ・ラッセ】。
DSC_0364.jpg
 時間がなかったので、ロービーに入っただけ。
DSC_0366_20110910204021.jpg
 建物自体がねぶた小屋をイメージしてるため、独特なデザインです。


 青森駅からバスで30分程、三内丸山にある青森県立美術館へ。
DSC_0374.jpg
ここでは印象派展が開催されていて、光と影の色、かつての画家たちがそれまでの常識を覆し、あらたに【印象派】という流れをつくりだした経緯や流れがわかりやすく解説してありました。


 常設展示では青森県にゆかりのある芸術家の作品が多々あります。
 奈良美智の【あおもり犬】
DSC_0377.jpg
 他に棟方志功の作品、寺山修司の作品のポスターなど、作家それぞれの世界観が感じられる展示になっています。

 帰りの電車までの時間、青森駅の近くにある、青函連絡船の【八甲田丸】へ。
DSC_0395.jpg
 たしか僕もこの船乗ったことがあるような気がします。、かつて、本州と北海道を結んでいた主要交通手段だったわけですが、青函トンネル開通後その役目を終え、現在も残ってる船は3隻のみ。

 
 家に帰ってきて夕飯。この日のおかずは蒸しうに!
DSC_0398.jpg



Japan | コメント:0 |

入籍しました

 8月22日、無事に入籍しました。今回ちょっとしたサプライズを準備してました。役所で婚姻届けを出し、新たな人生を共に歩んでくれる妻(もう彼女ではなく【妻】です)を驚かしにそのまま知り合いの花屋さんへ。

DSC_0298.jpg
夫婦となって最初の妻へのプレゼント。
 
メッセージカードも添えて
DSC_0312_20110910203030.jpg

アイスケーキでお祝い
DSC_0345.jpg

最初の共同作業
DSC_0347.jpg

そしてfirst bite
P1000319.jpg


 これからもよろしくお願いいたします。

Japan | コメント:2 |

30歳の社会科見学

 おじが経営してる水産加工会社へ久々に行き、叔父夫妻に挨拶し、折角なのでと工場を見学させてくれました。

 沖で獲られ、そのまま船内で冷凍されて運ばれてきた高級魚【銀ムツ】
P1000313.jpg

 この工場も3月11日の地震で起きた津波の被害を受けましたが、3月31日には営業を再開。そして初めて知ったんですが、日本全国の回転寿司などで食べられる【カレイの縁側】は、主にここで卸されているそうです。
 
 
 カレイの縁側は一匹から取れる量も少なく、切り落とすのも難しいため、全部手作業でやってます。
P1000314.jpg

 初めて見る巨大なカレイに驚きを隠せない彼女
P1000311.jpg

 
 帰りにはおじさんから銀ムツを頂きまして、この日の夜は美味しく頂きました。(写真撮り忘れ・・・)


Japan | コメント:0 |

八戸花火大会

DSC_0172.jpg

DSC_0199_20110910200055.jpg

DSC_0281.jpg

DSC_0270.jpg

DSC_0287.jpg

Japan | コメント:0 |

うれしそうな3人

DSC_0127_20110910195644.jpg

DSC_0143.jpg

DSC_0145.jpg

Japan | コメント:0 |

両家顔合わせ&奥入瀬渓流観光

 日本弾丸ツアーを終えて、八戸に帰宅して2日後。彼女と彼女のご両親が八戸に来ました。両家揃っての初めて顔合わせでした。本来はまず顔合わせをした上で、結納やら挙式の話をするのですが、当の僕らがドイツに居るために、今回彼女側のご好意で顔合わせと結納を一度にさせて頂きました。

DSC_0026_20110910180829.jpg

 わざわざ遠い大阪から来ていただいたので、八戸の美味しい魚介類を堪能して頂きました。【うに満載】でした。


 翌日は姉が仕事を休みを取ってくれていて、姉の車でお義母さん念願の奥入瀬渓流観光。
DSC_0056_20110910181117.jpg

 奥入瀬渓流沿いのホテルで昼食を食べ、本当は渓流沿いを歩いてゆっくり散策できればよかったのですが、あまり時間もなかったので、見どころで車を降りて辺りを少し散策。
DSC_0054_20110910181117.jpg

 この日は前日まで降っていた雨も止み、天気も良くて絶好の観光日和。深い緑の中をながれる奥入瀬渓流にたくさんの癒しをもらいました。
 

 夕飯は姉の友人の馬肉屋さんへ。漫画【美味しんぼ】にも掲載された五戸の馬肉屋さんで馬肉鍋。
DSC_0119_20110910181955.jpg
 鍋の真ん中にあるのは食用の菊。僕は子供の頃から普通に食べていたので、結構全国的にポピュラーかと思ってたんですが、関西では見ることはないそうです。

 こういった食文化の違いなんかも、いろいろ堪能していただけたのではないかと思っています。

 翌日、お義父さんとお義母さんは大阪へ帰って行きました。また3月に会えるのを楽しみにしています。



 
Japan | コメント:2 |

日本弾丸ツアー 京都・木村さん登場!

 僕の日本弾丸ツアーも最終日。この日の目的地は大阪から電車で約30分行った【京都】です。そこで、2年ぶりに木村さんと再会。

DSC_0003_20110908004829.jpg

 彼女も行ったので3人で和食の食い放題へ。
DSC_0004_20110908004829.jpg
 ここもなかなか美味しいお店でした。


 食事も済ませて、3人でプリクラを撮りに行ってみました。
 落書き中の木村さん
DSC_0020_20110908004829.jpg

 楽しかった一時も終わり、木村さんは家へ、彼女は大阪へ、そして僕は1週間の旅を終えるために八戸へ。
DSC_0021_20110908004828.jpg

 再会を約束し、京都駅でお別れ。ほんの少しの時間でしたけど、たくさんしゃべって、たくさん食べて、たくさん笑いました。木村さん本当にありがとうございました。

 そして夜に八戸に到着。1週間ぶりの我が家。3週間の日本滞在も半分が過ぎ、後半は大きなイベントごとがありました。そのお話はまた次回。
 
Japan | コメント:0 |

日本弾丸ツアー まだまだ続く大阪食い倒れ

 大阪について2日目は、彼女の家族と一緒にお墓参り。関西と東北ではまたお盆の過ごし方というか、やり方が違うんですね。またしても関西カルチャーに触れました。

 お墓参りのあとは、ご親戚のお宅にご挨拶。彼女のいとこやおじさんやおばさん方にご対面。これだけ多くの関西人に囲まれたことはなく、僕も負けじ(?)といろいろお話させて頂きました。本当に彼女の周りはみんなにぎやかな方たちで、僕も楽しく過ごさせて頂きました。そして、この日もたくさんご飯を食べましたね・・・。


 さてその翌日。今回大阪でブライダルフェアを予約していました。この日はその説明会。いろんなウェディングプランナーと話をしながら、実際にそこが持つ会場でシェフの作った料理の試食会もありました。

前菜はこんな感じ
DSC_0006_20110907035010.jpg

スペイン産の生ハム。
DSC_0012_20110907035010.jpg
美味しいオリーブオイルと一緒に。

担当してくれたウェディングプランナー一押しの茶碗蒸し。
DSC_0014_20110907035010.jpg

オープンキッチンでチェフが作ってくれたのは、
DSC_0015_20110907035010.jpg

マッシュルームソースがかかった、美味しいビーフステーキ。
DSC_0019_20110907035010.jpg



 ブライダルフェアも終わって、知人と待ち合わせ。向かった先は飲茶のビュッフェ
DSC_0024_20110907035010.jpg
まだ食べるのかという位の食道楽。

 
 腹もいい加減に膨れて友達とわかれたあと、二人で指輪を見に行ってぼちぼち帰路へ。夜の道頓堀は相変わらず賑やかです。
DSC_0030_20110907035028.jpg

 家に帰ったらお義父さん特性のカレーが山盛りで出てきました。(もちろん美味しく完食致しました)


 さあ、日本弾丸ツアーもいよいよ次の日が最終日。2年ぶりのアノ人と再会!



Japan | コメント:0 |

DIPTYQUE  BAIES

 日本弾丸ツアーの途中ですが、ここど僕のお気に入りのアロマキャンドル、パリのDIPTYQUE(ディプティック)というメーカーのBAIES(ベス)を紹介したいと思います。

DSC_0510.jpg

 僕がこのキャンドルを知ったのは大好きなバンド【LUNASEA】のギタリストINORANのブログに載っていたのがきっかけ。実際にライブの時も自分の周りには5つほどこのキャンドルを灯しながら演奏しています。

 ベルリンで探したんですが見つからず。そこでパリ在住の友人に探してもらい(しかも案外あっさり発見してくれました)、購入してもらって、その友人を尋ねたもう一人のドイツ在住の友人に運び屋をお願いし、ベルリンに送ってもらいました。

 いや本当にお二人ありがとうございました!!

日本でのネットでの購入は

 こちら

 ちなみに今回のお値段約40ユーロ。1500円ほど安く購入できました。香りも満足!


Leben | コメント:0 |

日本弾丸ツアー 今回も食い倒れ・大阪夏の陣

 日本弾丸ツアーも終盤、最終目的地は大阪。彼女のご実家に向かいました。

 結婚の承諾はすでに頂いていたわけですが、ちゃんと面と向かって挨拶はまだしていなかったので、下関からこれまで着ていたラフな格好から、ビシッと(サマー)スーツに身を包みいざ出陣!

 この日の大阪はまた猛暑で、彼女の家に着いた時には汗が止まらず。やはり僕には日本の夏は厳しすぎますね。

 挨拶も無事に済ませて、夜は彼女のご家族の皆さんで近所の焼肉食べ放題へ。

 
 さあ、90分間の試合開始です。

 序盤は順調に肉、サラダ、付け合せを攻略。1回の注文分=1ラウンドとした場合、第5ラウンドくらいまでは優勢。後半戦に入ったところで、彼女は脱落。デザートへシフトチェンジ。そのタイミングでお義母さんも脱落。残るは男3人気力との戦い。

 終盤に入ってお義父さん脱落。女性二人が食べる美味しそうなデザートに。

 ここからは僕と弟、崇くんの意地のぶつかり合い。崇くんが頼めば僕も加勢。僕はあらかた【敵は降参の姿勢】を見て、とどめは刺さずに陣を引くところだったのですが、そこから崇くんはどんどん牙城に攻めこむ。
 彼を一人にして陣は引けぬと、そこから引き返し共に残党を討つ。『もう大丈夫だろう』と僕がまた陣を引こうとした矢先に、また相手本陣から最後の抵抗。いやいや敵ながらあっぱれ。向こうがその気ならばこちらも受けて立とうとまた陣を引き返し敵を圧倒。

 気がつけば戦を終える合図の90分の法螺貝がなった。かくして2011年大阪夏の陣は終わった。



 
 もう少しデザート食べたかったな・・・・。



Japan | コメント:0 |

日本弾丸ツアー たっぷり下関 聖地~決闘~温泉&そば~最西端

 下関の名所と言えば、僕の好きな番組【水曜どうでしょう】で100円タレントのお二人がカブを押しながら渡った【関門人道トンネル】

DSC_0355.jpg

 関門海峡にある、人専用の海底トンネル。県境で記念写真

223717_204734522913246_100001300997968_506174_1519043_n.jpg
 
DSC_0354.jpg

 そして下関もう一つの歴史の舞台。宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘した、巌流島へ。
DSC_0358.jpg

 島にある二人の決闘の像
DSC_0366_20110905231128.jpg

 実は巌流島は埋め立てられて、当時の大きさの倍はある。そして詳しく決闘の場所はわからず。
DSC_0369_20110905231128.jpg
 人口の浜辺にある(たぶん勝手にここに武蔵が上陸しましたよ的な場所を作った)船で、あえて僕は船頭さんのポーズで。

 今回案内をしてくれた友人の田上さん。現在は庭師の修行をしております。
DSC_0363_20110905231128.jpg

 何もない巌流島を早々と後にし、更に向かった先は川棚温泉。
DSC_0375_20110905231223.jpg

 たっぷりのんびり温泉に浸かり、風呂上りには名物【瓦そば】
DSC_0385.jpg
 アツアツの瓦の上で茶そば焼く。なかなか美味しい蕎麦料理でした。

 日も傾いてきたし、そろそろ帰路へ、と思った矢先。途中の標識で見つけた【本州最西端の地】へ。
DSC_0394.jpg

毘沙ノ鼻からの景色。本州で遅い夕暮れが見える場所。
DSC_0403.jpg

 夕暮れまで時間もあったし、二人そこそこ腹も減っていたために帰宅。田上さんのご両親と田上さんの友人の殿井さん(奥様はなんと青森県出身)とみんなで賑やかに夕飯を頂きました。

 翌日は大阪に向かいます。


Japan | コメント:0 |

日本弾丸ツアー たっぷり下関 海の幸と歴史を感じる

 下関の友人と合流して、バイクに乗せてもらって観光。

DSC_0379_20110905223716.jpg
 なかなかバイクの後ろに乗ることって無かったので新鮮でした。やっぱり夏の日本はバイクが気持ちいいですね。

 向かった先は下関の市場
DSC_0331.jpg
 美味しそうな海の幸がズラリと並ぶ。

 寿司も美味しそうです。
DSC_0332.jpg

 折角なのでマグロ大トロを。
DSC_0334.jpg

 関門海峡と関門大橋。
DSC_0344.jpg
 
 約800年前、ここで大きな戦がありました。歴史好きな僕には、ここはある意味来てみたかった場所。

DSC_0356.jpg
 源義経が活躍し、この海で、かつて栄華を極めた平家が滅亡。

 この戦で生命を落とした平家の武士達のお墓が、赤間神宮にはある。
DSC_0340.jpg
 境内の奥の方にひっそりとある平家の武将たちのお墓。
DSC_0342.jpg
 名前に【盛】がつく者が多いことから【七盛塚】とも言われている。そしてこの七盛塚の隣にある【芳一堂】。日本の怪談話の一つである『耳なし芳一』。この舞台となった場所もここ赤間神宮。

DSC_0341.jpg

 ここ壇ノ浦にはもう一つの歴史の舞台ある。それはまた次回!
 
Japan | コメント:0 |

日本弾丸ツアー 博多~小倉~下関到着

 博多で一泊させていただいた上に、シャワーや美味しい朝食まで頂きました。
DSC_0308.jpg
 本当に有難うございました!!

 さあ、ぼちぼち出発です。
DSC_0306.jpg

 運転はトモさん
DSC_0327.jpg
 ナビゲーター(?)はヤナ
DSC_0326.jpg
僕は後部座席でのんびりとさせて頂きました。


 トモさんから、大阪の彼女の家にお土産まで頂いて、僕は小倉駅で二人とお別れ。
 
DSC_0329.jpg
向かった先は、

DSC_0330.jpg
下関。まさかの新幹線一駅乗り。

 お昼前には下関に到着し、先日荷物を置きに寄った友人宅へ。長い下関の1日が始まります。

Japan | コメント:0 |

日本弾丸ツアー 博多・野球観戦

 熊本城散策を終えて九州新幹線で博多へ。

DSC_0188.jpg

 そこで待ち合わせをしたのはトモさんと、日本に遊びに来てたヤナ
DSC_0199_20110905213417.jpg

 お昼すぎに博多駅で合流し、アウトレットモールで時間を潰して向かった先は、
DSC_0207_20110905213417.jpg

懐かしの『ドムドムバーガー』
DSC_0204.jpg

ではなく、こちら。
DSC_0211.jpg
Yahoo!ドーム!!ロッテ対ホークスの、僕自身初のプロ野球観戦!!

7回裏、ホークスの攻撃前のロケット風船。目の前が黄色になります。
DSC_0252.jpg


この試合、ホークスがロッテに勝ちまして、連敗をストップ。
ホークスファン待ちに待ったイベントが始まります。
DSC_0282.jpg
 

なんと花火!
DSC_0284.jpg

野球観戦して興奮して、小腹がすいて向かった先。博多といえばやはりラーメン。
DSC_0294.jpg

長浜ラーメンを美味しくいただきました!!
DSC_0297.jpg


 この日の夜はトモさんの友人のお宅に1泊させて頂きました。



Japan | コメント:0 |

日本弾丸ツアー 熊本城散策

 深夜にシオのパーティーからホテルに戻ってぐっすり就寝。予約したホテルは熊本城から歩いてすぐ。折角熊本まで来たので熊本城を観光。

熊本城といえば加藤清正公です。
DSC_0129_20110903194713.jpg

熊本城の特徴としては2つある天守閣。
DSC_0147_20110903194713.jpg

そして、攻め上がって石垣を登ってきた武者たちを落としたという『武者落とし』
DSC_0169.jpg

他にも多数の櫓が点在する軍事拠点としての熊本城の守備力の高さが伺えます。しかし現在の熊本城は西南戦争直前に家事で焼け落ちてしまい、鉄筋コンクリートで再建されたもの。現代の建築基準法により、もともとより柱の数が多いそうです。

 本丸内の大広間。煌びやかです。
DSC_0158_20110903194713.jpg

こちらは樹齢800年を超える松。鎌倉時代に植樹された。
DSC_0171.jpg

高い外壁の上に、さらに白い壁がぐるっと城内を囲んでいます。この景観もシンプルですがなかなか『日本の美』を感じさせてくれます。
DSC_0179.jpg

 この日は熊本から福岡へ。博多であの人と合流!!次回お楽しみに。
Japan | コメント:0 |

日本弾丸ツアー 豊橋・熊本編

 柏崎から夜行列車で新大阪まで行き、そこから更に移動。向かった先は愛知県豊橋市。
DSC_0117_20110903190639.jpg

 ベルリンで知り合った、パン職人のあっちゃんに、ベルリンでやったパンの販売イベントの写真データーを届けるべく向かったのでした。
DSC_0115.jpg
あっちゃん、朝早くからありがとう!そして美味しい朝食ご馳走様でした!

 そして僕は更に南下。まずは下関へ向かわなくてはいけません。

名古屋を通過し、
DSC_0119_20110903190638.jpg

姫路も通過。
DSC_0123_20110903190638.jpg

広島も通過です。野球が見たい・・・
DSC_0124.jpg

 そして下関到着。


DSC_0330.jpg
後日友人宅に一泊をお願いしていたのですが、荷物を軽くしたくて、先に立ち寄らせて頂きました。

 荷物を軽くして更に南下。九州新幹線も初体験。向かった先は熊本です。

 この日、さる8月10日、熊本で水球選手のシオの誕生パーティーが彼の実家である正立寺で行われました。驚かせようと思い、ここもアポ無しで訪問。驚いたシオ。ナイスリアクションでした。まるで不審人物を見るかのように・・・。
DSC_0126.jpg

 彼はもう日本に拠点を移して、ロンドンオリンピック目指して頑張っております。

 突然の訪問にも皆さん温かく迎えてくださいました。九州人、心が熱いです!!
DSC_0127_20110903190659.jpg



Japan | コメント:0 |

日本弾丸ツアー 富山・柏崎

 もうベルリンです。しかも1週間経ってます。

 今回はひどい時差ぼけにやられました。たぶん暑い日本で毎晩暑さで熟睡も出来なかったのもあるかもしれません。

 久々のブログですが、日本で1週間友人を訪ねて旅をしておりました。今回は富山・柏崎編です。

 八戸から電車で久々に富山へ向かう。新幹線で大宮まで行って、上越新幹線に乗り換えて北陸線へ。かれこれ6年ぶりぐらいの移動ルート。この日の前の週末に新潟を襲った大雨の影響で、越後湯沢ではなく長岡での乗り換えになり、八戸から富山まで約7時間半。飛行機だった成田からモスクワあたりまで行ってる時間。相変わらず長い・・・。
DSC_0100.jpg
富山駅に来るのも6年振りぐらい。時間が立つのは本当に早いと感じました。

 富山で会ったのは短大の後輩で、打楽器奏者の愛ちゃん。
DSC_0097_20110903183830.jpg
 富山駅裏の公園内にあるスタバで、約2時間おしゃべりしてました。

286346_130472090379942_100002514555704_176274_8087317_o.jpg
photo by 愛ちゃん
 
 愛ちゃんからのおみやげ。
DSC_0109_20110903183830.jpg
塩サイダー、加賀棒茶サイダー、ゆずサイダー。美味しく飲ませて頂きました。

 そしてお次は2年前も来た魚津。
DSC_0108_20110903185349.jpg

 みっちゃんのお店でかつての教え子、2年ぶりの花本くんと5年ぶりの加藤さんと再会。
DSC_0107.jpg
 今回もあまりゆっくりも出来ず。僕はそのまま次の目的地へ。
 
 花本くんからのお土産。福山雅治のライブで売っていた、『追憶の飴』。
DSC_0111.jpg

 この日最後の目的地はこちら。
DSC_0114.jpg
新潟県柏崎市。

 短大の同期、雄吾のお店。2年前もきた『未完成』をアポ無し訪問。
DSC_0113_20110903183839.jpg
 驚くかと思いきあ、『広津か?』となんとも小さいリアクション・・。二人でお互いにいろんな話をしました。前回来ていらい2年ぶりですが、この2年の間にお互いにいろんな変化がありました。

 再会を約束し、僕は次の目的地へ。この日は夜行列車で移動。そうです。宿代をケチリました。


Japan | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。