舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

不思議なイベント

27日、ハンブルグではなんとも不思議なイベントが行われていました。


脱衣ポーカー大会


負けるごとに服を一枚ずつ脱いでいかなければならないと言う、【野球拳】ならぬ【脱衣ポーカー】


ちなみに、ハンブルグのBild誌にも記事が載ったようですが、下記サイトでは、動画が見ることが出来ます。
Hamburg Bild


実は今年の2月には、ドイツ中部の山では、全裸でのそり滑り大会も行われていました。
その大会では、男も女も上半身裸。ただ流石に下はみんな白のパンツを着用していましたが、雪の降るのか、その大会も盛り上がったようです。


日本ではありえないイベントが、ヨーロッパには多々ありますね。
いつか、そんなイベントやお祭りの撮影にも行ってみたいと思っています。



スポンサーサイト
Deutschland | コメント:0 |

MSL 第6戦 Niku Jagers戦

MSLも後半戦に入りました。

今日は日本人チームの【Niku Jagers】戦でした。


レギュラーシーズンでは、10試合(リーグ参加チームは合計11チーム)行い、勝敗で順位を決め、上位5チームが総当たり戦のプレーオフを行い、その年のベルリンチャンピオンが決まります。

前半戦を2勝3敗で終えたCreeps。プレーオフ進出を掛けて負けられない一戦でした。


僕は今日は1番センターで先発出場。

第1打席は四球を選び、すぐ二盗。2番に入ったトモさんも四球を選び、3番バッタ1球目でダブルスチールを試みて、3塁間にあったんですが、試合開始直後から雨が降り出し、濡れた人工芝は思いのほか滑りやすく、ちょっとオーバランして、急いでベースをタッチしたんですが判定はアウト。

この試合の審判も、最悪でした・・・。
Creepsはこのような完全セーフのベースインを4?5回、アウトにされました。

第二打席はランナー2,3塁で三遊間抜けるタイムリーヒット。内野のごたごたの内に3塁まで進塁。その後後続のヒットでホームイン。

第三打席は第二打席と同じ回、一挙七点を取って、2アウト満塁。
スイングの時に体が開いて、センターフライに終わりました。

第4打席は四球。パスボールの間に2塁に進む。後続のヒットでホームイン。

第5打席はショートの上を抜ける2ベースヒット。
6回の攻撃が終わって僕は交代しました。

守備に関しては、ボールがまったく飛んできませんでした。
試合中、僕はボールを触っていません。
一本ホームランを打たれましたが、外野方向にボールが飛んだのは3本だけ。
あとは三振や内野ゴロやフライで守りきりました。


結果は19?3の大勝!!

残り4戦は格下チームですから、油断せず連勝していきたいと思います。



【今日の成績】
3打数2安打 打点2 得点2 四球2 盗塁2

【今シーズンの成績】
17打数7安打 打点5 得点6 四球4 盗塁5


打率.411に上がりました。今日は得点が欲しいところでタイムリーが打てたのが良かったです。



Softball | コメント:0 |

お化けコーラ

スーパーに買い物に行ったら、こんなものを見つけました。

SSC_0004_20100530001355.jpg

3リットル入って99セント。1ユーロしないんです。


さて、味の方は・・・・




まあ普通の安いコーラの味です。



でもあとで思ったんですが、1.5Lの安いコーラ(29セント)を3本買ったほうが、量も多いし安いことに気がつきました。
Leben | コメント:0 |

さて困った・・・

今週に入ってから僕のパソコンがいよいよおかしい・・・。

いつもじゃないんですが、ネット中、新しいページを開いたらフリーズ。
Youtubeが再生終わったらフリーズ。
放置してたらフリーズ。
マイコンピューター開いたらフリーズ。


時々復帰するんですが、フリーズしたままのときの方が多い。


もうこのパソコンも5年目ですからね。
しかも今のモバイルノートよりスペック低いし・・・・。


それに写真の編集とかやるにはちょっとスペックが低すぎるようです。



今日、学校の昼休みを利用して、近くの家電量販店に行ってきました。
次はMacにしようか悩み中。そんなわけで価格調査開始。

デスクトップなら安くて1000ユーロ弱。ラップトップ安くて800ユーロ弱。1500ユーロするのもあり、デスクトップよりむしろ割高。(まあ物にもよりますが・・・)


ちなみにWindowsだと結構ピンきりです。
デスクトップの場合、自分で組めばそこそこ安くはなりますが、ソフトだ何だ揃えるのに若干の出費がかかるくらいなら、ディスプレイやら本体セットで買ったほうが苦労もなくいいかなと・・・。

ラップトップは、とりあえず今は保留・・・。
【また5年したら買い替え】って考えたら、デスクトップの方が安上がり(かも)ですし。



まあ、まだ購入は当分先の話ですが、とりあえず、量販店で夢だけ見てきました。


Leben | コメント:0 |

Karneval der Kulturen

ベルリンでカーニバルが行われました。

世界各国の国々がそれぞれの文化を前面に出して、ベルリンの街をパレードしました。
参加した国は70ヶ国、グループは94、4800人が参加し、観客は10万人にもおよびました。

ハンブルグの友人が、このイベントに参加するためにベルリンに遊びに来ました。
僕は彼と一緒に、一緒に帯同しながら写真を撮らせてもらいました。

DSC_0003_20100524162842.jpg


DSC_0005_20100524162842.jpg

DSC_0021_20100524162841.jpg

DSC_0016_20100524162842.jpg

DSC_0056_20100524162841.jpg

DSC_0078_20100524162841.jpg

DSC_0085.jpg

DSC_0093.jpg

DSC_0096.jpg

DSC_0112.jpg

Foto | コメント:2 |

パリ5日目 Au revoir Paris

あっという間の5日間、そしてあっという間の5日目。


荷物をまとめて宿をチェックアウト。
初日に知り合った、ハルの友人が働いているパン屋さんで、美味しいクロワッサンを購入。

その後向かったのは【ギャラリー・ラファイエット】
アール・ヌーボーの天井が見ものですが、ここは大きなデパート。
こんな空間の真下は、沢山の化粧品メーカーの売り場になっています。


屋上から眺めるパリの街
SSC_0489.jpg


SSC_0490.jpg

オペラ座。こうしてみると、また大きさがわかるかと思います。
SSC_0491.jpg

SSC_0492.jpg

飛行機は夕方だったんですが、二人とも流石に疲れがたまって、早めに空港に移動しました。
パリ上空は快晴だったのに、ベルリン上空は厚い雲に覆われ、気温も低い・・・。

パリも奇麗な街だったけど、僕はやっぱりベルリンが一番落ち着きますね。

5日間歩き通しだった今回の旅。
撮った写真はデジタル、フィルムも合わせて400枚以上。フィルムは現像してから写真をいくつかアップいたします。
今回、このブログに使った写真は90枚近くにもなりました。
一枚一枚パソコンで縮小してたら時間が掛かるので、飛行機の待ち時間に、カメラの機能を使って、小さくしたので、若干見切れてる部分もありますが御了承下さい。
Frankreich | コメント:0 |

パリ4日目 オペラ座とダイアナ妃

4日目も朝から快晴。

日中のエッフェル塔を間近で見るために、バスと電車で移動。
このアングルの写真は、よく見かけますね。
SSC_0457.jpg

エッフェル塔ってなんか赤いイメージがあったんですが、実際はこげ茶色。
SSC_0458.jpg
セーヌ川に掛かる橋から。なんか合成っぽいですけど・・・・。
SSC_0459.jpg


そしてオペラ座へ。
SSC_0461.jpg
ミュージカル【オペラ座の怪人】のなかで、ファントムはオペラ座の地下に住んでいるとなっていますが、実際に浮浪者が入り込んで、怪しい雰囲気だったそうです。

オペラ座の客席に向かう大階段。
SSC_0462.jpg

ホールの天井には、シャガールが描いた天井画が。
SSC_0463.jpg

客席も豪華です。
SSC_0464.jpg

舞台の緞帳もなかなかおしゃれなデザイン
SSC_0465.jpg

元々は王宮だったため、廊下はこんなに豪華なところも
SSC_0466.jpg

その廊下の奥には、ちょっとした博物館もありました。
SSC_0467.jpg
1800年代後半、ベルディ作曲のオペラ【アイーダ】の公演時の舞台装置。
奥行きや、天井の高さが想像以上に大きいことがわかります。

所蔵されている楽譜の数々。
SSC_0468.jpg


さて、この日は日本から新婚旅行でパリを訪れている知り合いに会う約束がありました。
待ち合わせ場所はノートルダム大聖堂。

大聖堂の前にはこのマークがあります。
SSC_0469.jpg
この場所を基点として、パリからの距離が計測されています。


お昼ごはんは、本に載っていたお店【シェ・ネネス】へ
SSC_0472.jpg
アパルトメントが立ち並ぶ街の一角にあるお店で、値段は安いが味は抜群!

4種類のメイン料理から一つ選んで、僕はステーキを頂きました。
久々の牛肉に大興奮の僕は、写真も撮らずにぺろりと完食。

僕の頼んだデザート【ラズベリーとアイスクリーム】
SSC_0470.jpg
がっつり肉を食べた後に、ラズベリーでお口もさっぱり。

彼女が頼んだのは【プリン】
SSC_0471.jpg
やわらかい食感がたまりません。

御夫妻と少しお別れをして、僕たち二人は香水博物館へ。
SSC_0473.jpg

香水の作り方や道具、材料などが展示されています。
SSC_0474.jpg

SSC_0475.jpg

SSC_0476.jpg


夕方にまた御夫妻と合流。
モンマルトルの丘にまだ行っていないというので、4人で行ってきました。

サクレ・クールを見た後は、その界隈を散歩

SSC_0477.jpg

SSC_0478.jpg

壁抜け男の銅像
SSC_0479.jpg
正面から
SSC_0480.jpg
なかなか長身なおじさんです。しかも実際かなり大きい。


お腹が空いたので、近くにあったお店でクレープを食べました。
SSC_0481.jpg


御夫婦と別れて、僕らは夕方の凱旋門を見ながら、次の目的地に移動。
SSC_0482.jpg

1997年8月31日、パリでダイアナ妃が交通事故で亡くなった。
そのトンネルの上に立つ記念碑【自由の炎】
SSC_0483.jpg

トンネルの上の歩道には、彼女へのメッセージが書かれている
SSC_0484.jpg

SSC_0485.jpg

そしてそのトンネル
SSC_0486.jpg


帰りのバスを待ちながら、パリ最後の夜、エッフェル塔の夜景を眺める
SSC_0487.jpg

SSC_0488.jpg


Frankreich | コメント:0 |

パリ3日目 オルセー美術館で名画の数々を堪能

パリ3日目。快晴。むしろ暑くて日焼けしています。

この日の最初の目的地は、オルセー美術館。ゴッホ、ルノワールやモネ、シャガールなどの名画に会える美術館です。

セーヌ川のほとりを歩く。
SSC_0442.jpg
奥に見えるのがオルセー美術館。元々は駅だったそうです。

パリの街中で見かける、絵を書く人。
まさに芸術の都、パリ。
SSC_0443.jpg

入り口は長蛇の列。
しかし今回は美術館パス2日分を購入していたので、別の入り口から入れたので、並んだ時間はわずか10分。
SSC_0444.jpg

しかしオルセー美術館は内部撮影禁止。
ミレーの落穂拾いやゴッホの自画像、その他大勢の有名な画家の作品を堪能してきましたが、写真は一切ございません・・・・。

オルセーを後にして、向かった先はオランジェリー美術館。
ここでの目玉は、モネの【睡蓮】
SSC_0447.jpg

SSC_0446.jpg

SSC_0448.jpg

SSC_0449.jpg
計8枚、二つの部屋に展示されています。

そしてかつては王宮でありその後は牢獄となり、革命のときはマリー・アントワネットも投獄された【コンセルジュリー】

この部屋はマリー・アントワネットのための礼拝堂。
SSC_0450.jpg
そして、ここが実際に彼女が投獄されていた部屋。
人形がおかれていて、ちょっと薄気味悪いです。
SSC_0451.jpg

夜は彼女の高校時代の後輩と会うため、パリの南部へ。
美味しいと評判のクレープ屋です。
SSC_0453.jpg

僕は普通のクレープを注文。
SSC_0454.jpg

右側がほうれん草とチーズの入ったクレープ。
SSC_0455.jpg
フランスではクレープは【お菓子】ではなく【食事】なんですね。

夜はライトアップされたコンシェルジュリーを見に行きました。
SSC_0456.jpg

4日目はオペラ座、日本から来た御夫婦に再会。
Frankreich | コメント:0 |

パリ2日目 ついに会えた!

パリ二日目も晴天に恵まれました。

この日は念願のルーブル美術館です。
SSC_0416.jpg

さすがは世界最大の美術館。人で一杯です。

僕のお目当ての【サモトラケのニケ】が、大階段に展示されています。
SSC_0417.jpg

この像の顔の部分は発見されていません。
どんな表情をしてたのか、とても夢が広がります。
SSC_0418.jpg

SSC_0421.jpg

そして、ルーブル美術館の目玉【モナリザの微笑み】
SSC_0419.jpg

モナリザに群がる人達。
SSC_0420.jpg
ちなみにこの絵は、防弾ガラスで保護されています。

ミロのビーナス像
SSC_0422.jpg

SSC_0423.jpg
布の質感も素晴らしい
SSC_0424.jpg

その後は現代美術館へ
SSC_0425.jpg

現代アートやデザイン、写真などが展示されています。
SSC_0426.jpg

SSC_0427.jpg

SSC_0428.jpg

SSC_0429.jpg

SSC_0430.jpg

SSC_0431.jpg

SSC_0432.jpg

夕方は、フランスの写真家【アンリ・カルティエ・ブレッソン】の財団展示場。
今は別の写真家の展示会が行われています。
SSC_0433.jpg
人物のポートレートだけでしたが、非常に参考になりました。

最上階にはアンリ・カルティエ・ブレッソンが実際に使用したカメラや、写真も展示しています。
SSC_0434.jpg

さらにパリ北部にある【モンマルトルの丘】にある【サクレ・クール】
SSC_0436.jpg

丘の上から見えるパリの夜景
SSC_0437.jpg

丘の上も立派な住宅地。レストランは地元の人たちや観光客で賑わっています。
SSC_0438.jpg

丘を下れば、【ムーラン・ルージュ】
SSC_0439.jpg

宿に帰る前に、夜のルーブル。
SSC_0440.jpg

SSC_0441.jpg

3日目も美術館巡りです。
Frankreich | コメント:0 |

パリ1日目 写真で見ると奇麗だけど・・・

念願のパリに行ってきました。

日にちは滞在日で更新していきますのでご了承下さいませ。
そんなわけで、5月18日パリ初日についてです。

早朝4時起き。
うす曇のベルリンを出発。でも上空は気持ちのいい快晴。
SSC_0400.jpg
朝食でございます。
SSC_0401.jpg

朝9時、パリ・シャルル・ドゴール空港到着。ここで彼女と合流。
今回、僕はベルリン、彼女はシュトュットガルトからの、現地集合・現地解散です。

SSC_0402.jpg

電車の券売機に紙幣が入らず、空港で約1時間半足止め・・・
パリに行くときは小銭を多く持って行きましょう。


無事に切符も買ってパリ市内に到着。天気は快晴。気温も20度ちょっとと、むしろ熱いくらい。
まずは宿に荷物を置かせてもらい、向かった先は【ノートルダム大聖堂】
SSC_0403.jpg
このバラ窓が人気です。
SSC_0404.jpg

SSC_0406.jpg

大聖堂の中の売店のレジ
SSC_0405.jpg


パリのパトカーは【プジョー】。
SSC_0407.jpg
狭い小道もこれならスイスイ♪

セーヌ川とノートルダム大聖堂
SSC_0408.jpg

そして凱旋門!
SSC_0409.jpg
ナポレオンが闘った戦争のモチーフなどが刻まれています。若干修復中・・・

そして、凱旋門の下には無名戦士の墓もあります。
SSC_0410.jpg

夜はベルリンの友達【ハル】もちょうど彼女とパリを訪れており、ハルのパリ時代の友人とお食事。
SSC_0411.jpg

折角なので僕はフランスの伝統お菓子【ババ・ア・ラム】を頂きました。
SSC_0412.jpg
カステラのような生地をラム酒に一晩漬け込んだ伝統菓子。
アルコールは飛んでおらず、酔っ払います。

彼女はスフレを注文しました。
SSC_0413.jpg
ふわふわでした。

食事の後はみんなで夜のエッフェル塔へ。
SSC_0414.jpg
ライトアップされたエッフェル塔はとても奇麗でした。

そして、毎時深夜一時まで、このように光ります。
SSC_0415.jpg

パリ初日は、深夜にまで及びつつも無事終了。感想としては、パリは写真で見ると奇麗だけど、来てみるとちょっと臭い・・・


2日目はついにあの像と、あの名画とご対面!!


Frankreich | コメント:0 |

明日からパリ

いよいよ明日からフランスはパリ上陸です。

子供の時に行ってみたかった街の一つに、ようやく念願かなって行きます。
昨年のバルセロナの時みたいに、雪は降らないし、アイスランドの火山の影響もほぼ無さそうなので、飛行機は無事に飛んでくれると思います。

SSC_0005.jpg

こんな本まで用意して、もう殆ど観光者ですが、僕はあくまで観光というより、街中のストリートフォトを取りたいと思っています。

今回はデジカメとフィルムカメラ2つ持っていきます。
フィルムの場合は現像してネットにアップするのは時間が掛かると思いますので、旅行記はデジカメでの写真でアップいたします。


明日は朝の4時起き。8時過ぎにはパリの空港に到着予定。

最後の荷造りをして、今日は早めに寝ます。

Frankreich | コメント:0 |

MSL第5戦 Pharaos戦

MSL第5戦。先週の敗戦もあり、秋のプレーオフに向けて負けられない一戦。

相手は中堅クラスのPharaos。

しかし今日はピッチャーのトモさん抜きの布陣。
僕は今シーズン初めて

1番、キャッチャー(しんどいって・・・)



第一打席は四球で出塁。その後2塁盗塁を決め、キャッチャーがボールをピッチャーに返す一瞬の隙をついて3塁に盗塁。直後のスクイズでホームイン。第二打席は内野安打で出塁。打点1。その直後二盗。第三打席も内野安打。第4打席は二アウトランナー二、三塁で、ライト方向へ狙ったら、ファースト強襲。タッチの差でアウトになりました。

試合は接戦で12?11でなんとか勝ちました。
この接戦を制したのは、なかなか価値ある一勝でした。

【今日の成績】
3打数2安打 打点1 得点1 四球1 盗塁3

【今シーズンの成績】
14打数5安打 打点3 得点4 四球2 盗塁3


打率は3割に近くはなったものの、まだまだ課題が残ります。ただ今日は今シーズン始まってようやく盗塁出来ました。
これまでの試合で、塁に出ると、先の塁埋まってたりしてて出来ませんでしたからね。

Softball | コメント:0 |

久々にフレンチトースト

僕が小学生のとき、朝食で母親が作ってくれて以来、僕の好物の一つがこの

【フレンチトースト】

SSC_0017_20100516175018.jpg

作り方も簡単で、尚且つ美味しい。

当時の僕は【フレンチ】っていえばフランスって言うのを覚えたばっかりでしたから、

『フランス人は毎日こんない美味しいものを食べてるのか?。』

と思ってましたが、はたしてその真相はわかりません・・・。


そんな訳で(?)火曜日から土曜日まで僕はパリに行ってきます。
念願のルーブル美術館、念願のモナリザ、念願のミロのビーナス、そして僕が中学生のときから見たかったサモトラケのニケ。

今のところ、他のものには興味がわかない・・・。
凱旋門にエッフェル塔、それ以外に何がある??って感じです・・・。
また沢山写真は撮ってきます。その写真も帰って来てからアップしたいと思います。

Food | コメント:0 |

いちご煮

以前母から送られてきた荷物の中に、地元の郷土料理が入ってました。

その名も

『いちご煮』

決してデザートではありません。れっきとしたお吸い物です。
SSC_0008_20100514030622.jpg

うに、あわびが入った贅沢なお吸い物。
八戸では郷土料理を出すお店や、お寿司屋さんなんかで味わうことが出来ます。


大学4年の夏に、テニス部のコーチをしていた『宮ちゃん』が、原付で東北を1周する旅に出ていたとき。
彼から電話がありました。

『いま八戸に入ったんだけど、いちご煮って何?』

彼は、目にした看板が気になって、その場で僕に電話を掛けてきました。

『うにとかあわびに入ったお吸い物だよ』

と説明すると、

『てっきりジャムみたいなのかと思った。』

と言われました。


名前の由来は、おわんに入れたウニが、お湯を入れるとまるで野いちごのように、粒が広がってくることから、そういわれています。

八戸にお越しの際は、是非味わっていただきたい一品です。
Food | コメント:0 |

物のこだわり

今日のドイツは祝日です。
昨日学校で、クラスメイトのクリストフに

『明日って祝日だね。』

と聞いたら、

『え、日本が??』

と、素っ頓狂な返事が返ってきました。
日本の祝日をドイツでするわけないじゃん・・・。



それはさておき、最近身の回りの物の整理を徐々に始めました。
別に帰国に向けてではありません。正確に言うと、身に着ける物の整理です。

たとえば服。日本から持ってきた服もいくつかあって、シャツも襟首がヨレヨレになってるのもあります。
こういう服はまとめて回収ボックスへ。

恵まれない国に寄付されるために、住宅地の一角には大きな回収ボックスがあります。


去年の夏に、大阪でお世話になったファッションデザイナーの先生が仰っていた言葉。

『安いシャツを3枚買うより、高いシャツを1枚持っていたほうが、人としての価値が高くなるんだよ。』


学生時代はユニクロが一気に広まって、当時はみんながユニクロを着てました。
でも同じ服が友達とかぶったり、人が見ても『ユニクロ』とわかるものでした。
それでもいいやと思っていたんですが、年齢を重ねてくると、流石にそうはいかなくなります。

以前、ベルリンで知り合った友人も、デザイナーの先生と同じ事を言っていました。

『男は社会に出たらこだわりを持たなきゃダメですよ。』

安いものは安いなりの寿命しかないけど、高いものはしっかり作られている。その分長く使えるし、味も出てくる物もあります。


鞄、手帳やペン。服装や靴、腕時計などの装飾品。
学生時代は腕時計は携帯電話で済ませてましたが、さすがに今ではそれをするつもりはありません。

大学卒業し、最初に買ったものは腕時計でした。安物じゃなくて、人が見ても高そうに見えるものでした。
文字盤横のガラスが割れてしまったので、それは今は使ってませんが、僕が物のこだわりを持った物の第1号なわけで、今も大切にしまってあります。


これからまた少しずつ整理をしていこうと思います。

Leben | コメント:0 |

MSL第4戦 Unicorns戦

本来なら格下の相手なんですが、なぜか今日は打線が繋がらず、結局12?4で負け。

審判のジャッジもおかしい時も多々あり(それに救われたこともありますが)、試合のペースが作れませんでした。


今日も9番キャッチャーで先発。
やればやるだけ、キャッチャーの難しさに頭を悩まされます。こればかりは場数をこなすしかありませんね・・・。


打撃は、第1打席、レフトにフライを打って、レフトがフェアゾーン内でボールに触って落ちたボールが、そのままファールグラウンドに転がり、本来ならフェアなのに、審判はファールの判定。
結局、打席に戻されてまたレフトフライ。

第2打席はショート強襲の内野安打。第3打席は内野フライに終わりました。


ただ今回の試合に限っては、審判がちゃんとしたジャッジを殆どしてくれなかった。
最初の打席のときも、守備の時に、2ストライクとってそのあとバットにボールが当たってファールなのに、しかもバッターは、振ったバットを僕のグローブに当て、ボールを後失。それを振り逃げ成立させ進塁させる。2盗を刺したはずなのに判定はセーフ、ストライクゾーンはてんでバラバラ。立てのストライクゾーンも毎回違うし、横のストライクゾーンにいたっては、ベース内にボールが入ってこないと判定はボール(本来はベース上、どこにかすってもストライク)。


審判は、別のチームから2?3人出すんですが、本当にこのリーグで、まともにジャッジできる人はほぼ皆無です。

特に、僕らの試合はそんな審判に多く当たります。
2戦前も、本当はオンプレーになるはずのボールをホームランにされて失点しました。

ちゃんとした審判の元で試合がしたい・・・。

【今日の成績】
3打数1安打 

【今シーズンの成績】
11打数3安打 打点2 得点3 四球1

Softball | コメント:0 |

結果

こうなりました。

_DSC0001.jpg

足場が悪くて、まっすぐ書けませんでした・・・。

みんなごめんね?!!


しかし筆で壁に書くなんていうのは初めての体験で、なかなか楽しかったです。
次はもっと上手に書けると思います。

Foto | コメント:0 |

大役を仰せつかりました

明後日の土曜日、僕の学校でオープンキャンパスが開催されます。

news_10.jpg


今回は僕らのクラスも作品を展示しなければならないので、今日の授業はその準備に追われていました。

とりあえず僕らのクラスの写真のテーマは【Paare】(二つで一組。ペアって事ですね)。
僕は5枚の写真を展示しました。
他の生徒は白黒の写真なんですが、僕は作品の一つに千代紙で折った折鶴の写真があり、それだけカラーというのもバランスが悪いので、他の作品もカラーで出展することになりました。



それはさておき、作業も終盤に差し掛かり、そろそろ全体も出来上がった頃。

先生の提案で、白い壁に直接、写真のテーマと僕らのコース全員の名前を書こうということになったんですが、それを僕がなんと書道で書くことになりました。

昨年のクリスマスパーティで僕が書いた書道がなかなか好評で、他のクラスには無いアクセントをという事で僕に白羽の矢が立った・・・というかなんというか・・・・。

そんなわけで明日、僕はもう一度学校に行き、壁にテーマやら名前やら書かなければなりません。

壁に書いたことないし、全部アルファベットってやったことありません・・・。
果たして上手く行くのやら。

Foto | コメント:0 |

質問です

この植物、何かわかりますか?

_SSC0008_20100504184741.jpg

畑で成長していたやつを、間引いて貰って来たんですが、本来、赤紫蘇を植えた場所にこれが生えていたんですが、明らかに紫蘇ではないので・・・・。

情報、お待ちしています。
Leben | コメント:0 |

建築世界をめぐる10の冒険 著:伊藤豊雄建築塾

_SSC0005.jpg

今ゼメは学校の課題の中で建築の写真もあるので、最近建築も勉強中です。

世界中の建築物の不思議な構造。
ただ建てるのではなく、その場の環境にマッチした建築、そして構造について素人目からみた疑問を投げかけながら、それに答えてくれるというコンセプトの本。

なかなか興味深い本でした。
Buch | コメント:0 |

レイクサイド 著:東野圭吾

_SSC0004.jpg

とある湖畔の貸し別荘で、中学受験勉強合宿に訪れた4組の家族と一人の塾講師。

何気ない日常の中で、一人の女性が殺害される。
その女性は、一人の父親の愛人であった。

わが子の受験を成功させるために、4人の家族はこの事件を隠蔽することになる。
しかし、愛人を殺された男性は、その手筈の良さに疑問を抱き始め、事件の真相を探る。
Buch | コメント:0 |

MSL第3戦 Famers戦

MSL第三戦。今日はホームでHoll of Famers戦でした。

この試合は、僕のチームの外野選手が手薄だった為、今日はセンターで出場。

試合は一回裏に1点を取り、3回に相手に3ランホームランを打たれ、4回にも追加点を奪われました。
その後は、犠牲フライで1点を返したものの、6回表が終わって5?2で負けていましたが、6回裏で打線が繋がり一気に7点をもぎ取り、9?5と逆転に成功。

7回表をしっかりと押さえて、今季初勝利。
緊迫したいい試合でした。

久々の外野での出場でしたが、無難にボールも処理しました。
センターフライを2つさばきましたが、大体バッターが打ってくるであろう場所にポジショニングして、その読みも的中。

打撃の方は3打数1安打。
3打席とも狙った方向へは打てたんですが、1打席目はセンター前ヒットを狙い、ボールの真ん中よりやや下を打ってセンターフライ。2打席目は1,2塁間を抜けるライト前を狙ったんですが、結果ファーストゴロに終わりました。
3打席目は2ストライクと追い込まれてから、3塁線を鋭く抜けるレフト前ヒット。

【今日の成績】
3打数1安打 1得点

【今シーズンの成績】
8打数2安打 打点2 得点3 四球1

打率2割5分・・・。もうちょっと頑張らないといけません。
Softball | コメント:0 |

メーデー Kreuzberg その2

僕が夕方撮影に行っていたデモ隊の更新が終わった後かその直前に、警官の一人が背中を刺され重傷のニュースが入りました。

そして暴動も起こったようです。
Berliner MorgenPost

僕はデモが出発して、暫くしてすぐに帰ってきたので、無事です。
Berlin | コメント:0 |

メーデー Kreuzberg

昨日のブログでお話したように、今日はメーデーの撮影に行ってきました。

まだ写真の整理が出来ていませんが、少しだけ公開いたします。

僕が今日言った場所は、Kreuzberg地区にあるKottbuser Tor周辺。

午前中は親子連れも見えて、殆どStrassenfest【お祭り】状態でしたが、夕方に掛けて徐々に人が集まり始め、その数は軽く2000人近く集まっているように見えました。

_DSC0077.jpg

デモ隊の集合場所に行く道は、警官隊によって、荷物チェックが行われていました。
_DSC0082.jpg

毎年のようにネオナチと警官隊の衝突がありますが、アンチナチの人も大勢いるので、このような風船を今日は目にしました。
_DSC0104.jpg
【ナチのための場所はない】


デモ隊の中にはこのような(もっとすごい)人が大勢混じっています。
近くで話を盗み聞きしても、下らない事しか話していない人も大勢居ます。

_DSC0115.jpg

警察官に

『その帽子、俺のと取り替えてよ』

とかいってる人も居ましたが、警官はいたって無視。

道端で酔っ払って座り込む人も大勢。寝転がってる人も多数。
_DSC0119.jpg

そしてデモ隊が動き出す。
その前を警官隊が見張りながら、決められた順路を歩いていきます。

_DSC0138.jpg

先頭集団が歩き出して10分後。まだまだ後ろには人が集まっていました。
_DSC0160.jpg


年々大人しくなってるとはいえ、今年も別の場所でネオナチの集まりもあり、逮捕者も出ているようです。


Foto | コメント:0 |
| ホーム |