舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

親知らずが・・・

最近右の親知らずがちょこちょこ気になるんです。

ドイツに来る1年ほど前に、左の親知らずが物凄い痛みで夜も眠れず。痛み止めを飲んでも痛みが治まらない。結局一睡も出来ず、朝早く病院に行ってなんとか抜いたんですが、僕の歯の生え方が普通の抜歯と同じようにはいかないという医師の判断で、結構時間のかかる大掛かりな手術でした。

その時の医師は

『右も一緒にやりますか?』

っていってくれたんですが、その直後に金5の本番もあったし、僕自身、その親知らずの手術に滅入ってたんで、そのときは断ったんです。


今思えば、やっておけば良かったかも・・・・。


診察と手術を担当した医師の話によると、僕の親知らずの生え方は虫歯になりやすいそうです。
斜めに生えてきて、どうしても歯ブラシではしっかりと磨く事が出来ないので、どうしても虫歯になるそうです。


だから、

『いつか右も同じように痛くなりますよ。』

とのお墨付き。


ドイツの歯医者、なんか怖い・・・。
人から聞くと、特に親知らずの治療に関しては巧い下手がハッキリしてて、下手な医者に行くと大変な目に会うとか・・・。


あ?、憂鬱・・・・。

歯を磨いて、デンタルリンスしてから寝よう。


スポンサーサイト
Leben | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。