舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

大掃除

昨日は家中の大掃除でした。

僕の主な仕事は窓拭き。

僕の部屋の窓は二重サッシ(木製)になっているので、結構掃除も大変・・・。
窓と窓を繋いでいるボルトをネジで外して、拭く窓は、一箇所の窓で計4面。

DSC_0046_20091227194849.jpg


左側がビフォー、右側がアフター
DSC_0042.jpg

普段、あんまり気にしなかったけど、結構窓も汚れているもんですね。
でも外側が汚れているのはもちろん分かるのですが、何気に汚れが気になったのは、窓と窓とに面したガラス面、つまり内側のガラスが、結露の跡や、埃が溜まっていました。

それに窓枠も木製の為に、長年の雨風にさらされていた窓枠はかなり傷んでいて、小さい木の破片がボロボロ落ちてきました。
大家さんか不動産屋が、窓枠をそろそろ換えてくれないか願うこのごろです。



さて、掃除の最中、レオはというと・・・・
DSC_0049_20091227194849.jpg
おもいっきり僕を監視してました。

お前も手伝え!!猫の手も借りたいときに!!

床掃除で、自分の抜け毛が大量だったことを知らないレオでした。

スポンサーサイト
Leben | コメント:0 |

Frohe Weihnachten

早いものでドイツに来て4回目のクリスマスを迎えました。

1回目は友人たちと鍋をして、2回目は焼肉をして、去年と今年はホストファミリーのクリスマスに彼女と招待されていってきました。

先日このブログに書いたこと、『憧れの地へ・・・』なんて書きましたが、なんと空港に着いたら【雪のため欠航】・・・。
本当は19日から22日までスペインのバルセロナに行く予定でした。

11歳のときにバルセロナオリンピックを見てから、何かとスペインに興味を持って、『いつか行きたい国』第一位にランクインしていた国で、物凄く楽しみにしていたんですが、残念ながら延期となりました。

結局、物凄く寒いドイツで、スペインに居るはずだった4日間を過ごしました。
いつか、スペインリベンジ!!もう少し温かくなって、安い飛行機を見つけたら計画しようと思います。


皆さんはどんなクリスマスを過ごしましたか?



Leben | コメント:0 |

元気になれるマイナス気温

昨日は朝から雪が降り、今日は朝から一日中冷え込み、明日の天気予報の気温を見たら最高気温が?8度・・・。

ちなみに体感気温は?15度・・・。



ドイツ4回目の冬ですが、今までで一番寒いです。


ベルリンのお天気を見たい方は、下記URLをクリック。
Wetter.de

明日で今年の授業も終了。約1ヶ月(長!!)の冬休みが始まります。
といっても、新年になったら学校が開いていれば暗室とかも使えるので、予約しに行かなければいけませんが・・・。

今年もあと2週間ですね。

今年はあと何回更新できるか分かりませんが、残りの更新もお楽しみに!!

今週末は僕が11歳の頃から憧れのあの地へ、いよいよ上陸してきます!!
お楽しみに!!

Leben | コメント:0 |

Sub Human Bros Live

昨日は、この間知り合いになった、日本人アーティスト【Sub Human Bros】のミニLiveがあって行って来ました。

福岡出身の兄弟のユニットです。

百聞は一見にしかずなので、下のリンクから視聴できます。

Sub Human Bros

DSC_0009.jpg

DSC_0048_20091217030811.jpg

DSC_0065_20091217030811.jpg


Musik | コメント:0 |

ライブ写真初体験

昨日は友達がライブをやると言うので、ライブ写真をやったことがない僕は『これはいい機会』と思い、カメラを持って行ってきた。


ライブハウス内の照明が殆ど赤かったため、カラーで撮影しても赤く滲んだ写真になってたので、ものの5分でモノクロにチェンジ。
DSC_0005(1).jpg

DSC_0009(1).jpg

DSC_0030.jpg

DSC_0057_20091213200507.jpg

DSC_0068.jpg

DSC_0084.jpg

ちゃんとカラーでも撮影できるような知識と実力を付けたいと、強く思いました・・・。(あとレンズ・・・)
Musik | コメント:0 |

作業順調??

昨日、このブログでご紹介したWebフォトアルバムも、何となく形になってきました。

フォルダーが10個までしか作成できないので、今まで撮影してきた写真のテーマで、あっちでもないこっちでもと、Web上で僕の写真たちが、撮影者の優柔不断のせいで、フォルダーを行ったり来たり・・・。

もっともっといろんなジャンルで写真が撮ってみたい僕にとってはフォルダーが10個じゃ足りない・・・。


でもとりあえずそれとなく形になってきたのでよかったです。
今後もいろいろ手直しが入って、写真が元々のフォルダーから移動、はてまたフォルダー名の変更なんてのも多々あると思います。

みなさん是非お気に入りの写真が見つかった場合は、コメントなんぞ書いていただけると嬉しいです。

ま、そんなこんなでアップに使って、縮小した写真の一部をここでも公開!

DSC0009312.jpg


DSC_0099_20091212084357.jpg

Foto | コメント:0 |

Webフォトアルバム更新

このブログのリンクにも張ってありますが、ようやくWebフォトアルバムを更新できました。

今回日本に帰国した際の写真や、いままで撮影した写真などをアップいたしました。

今後も少しずついろんなカテゴリーでアップしていきたいと思いますので、時々チェックしてみて下さい。
Webフォトアルバムへ!!

Foto | コメント:0 |

クリスマスマルクト開催中

ドイツでは、クリスマスの4週間前の日曜日から、クリスマスの向けての準備期間として、各地でマルクトが開かれ、毎日毎晩、大勢の人で賑わっている。

今日は、アレキサンダープラッツのクリスマスマルクトを見てきた。

先日、学校帰りにバスに乗ったときに、大きな観覧車が出来てるのをみて、夜に写真撮りに来ようと思ってたので、マルクトの前に、周りを撮影して回った。

観覧車とベルリン大聖堂
DSC_0015_20091208035702.jpg

マリエン教会が木に隠れてしまいましたが、テレビ塔に観覧車、赤の市庁舎
DSC_0027_20091208035702.jpg


そしてマルクトの中へ。
DSC_0032_20091208035701.jpg
小さな小屋が並び、雑貨やキャンドル、食べ物やクリスマス用の飾りなんかも売ってます。

なぜかムーディーなJazzが流れるメリーゴーランドなんかもある。
DSC_0048_20091208035701.jpg

炭火焼のソーセージや肉。
この香りが食欲をそそる。
DSC_0049.jpg

夏場は噴水なんですが、このマルクトの間は円形のスケートリンクとして、多くの市民がスケートを楽しむ。
DSC_0038.jpg


帰りにもう一つのマルクトに寄り道。

ヨーロッパでも一番美しいと言われているジャンダルメン広場のクリスマスマルクト。

DSC_0053_20091208035737.jpg
DSC_0057_20091208035737.jpg
残念ながら、この中に入るのは有料。

今日は入り口前までと、その周辺だけを見て帰ってきました。
Leben | コメント:2 |

洋画等を観て西洋のバスタブに憧れている方々へ

はっきり言わせてもらえば、


日本のバスタブが一番いいです。



いきなりどうした?と思われるかも知れませんが、今日久々にバスタブにお湯を張って入浴してみたんですよ。


正直な話、いろいろ面倒くさいんです。


実は前々から思っていたことなんですが、僕が住んでいる家には、運よくバスタブがあるんです。
日本と違ってこちらの人はシャワーで事足りると言う人が多いので、家にあるのがシャワーだけって言うのが結構あるんですね。

そして、基本こちらはユニットバスですから、お湯を張ってバスタブの外で身体を洗って?、なんて出来ないわけです。そんなことしたらその後のバスルームの掃除が大変・・・。

そしてこれまた不便なのが、こっちのバスタブは長くて浅い、そして追い炊きなんてのが出来ませんから、ましてやこの季節どんどん水温が下がっていくわけです。で、僕の身長は175cmなんですが、長いとはいえ、肩までつかると膝がお湯から出ちゃうんですよ。

だから、肩まで浸かって温まったら、次は膝を浸からせると、浅さのせいで半身欲になっちゃうんですよ。

これがまた結構寒さを感じるわけです。

で、お湯もどんどん冷めてきますから、結果的に絶えられなくなってシャワーを浴びてしまいます。


ですからお湯を張ったら、一度どぶっとお湯につかる。


しばらく浸かったら、身体も頭もいっぺんに洗う。

全身泡だらけでバスタブのお湯を使って、泡を流します。

その時点でバスタブのお湯は泡まみれ。結果的に仕上げはシャワーになるわけです。


そう考えたら初めからお風呂じゃなくて、シャワーのほうが機能的だし、寒い思いもしなくて済む。
なにより光熱費節約できる。


男と女では考え方が違いますから、もしかしたら満足してらっしゃる方もいるかもしれません。


よく洋画で女優さんが泡風呂に入ったりして、なんかしら優雅に過ごしてますが、実際経験すると結構面倒臭いもんなんですよ。


やっぱり水戸黄門での由美かおりの入浴シーン、あれが一番日本人には合ってますね!!


ちょっと話が反れましたが、これも一つの文化の違いなんですよね。
セレブのような生活に憧れている方、もし、そのような生活を掴んでも、バスルームだけはあくまで日本スタイルをお奨めします。




Leben | コメント:0 |

授業の内容

最近よく、

『写真の学校ってどんな授業するの?』

って聞かれます。



僕はまだ学校に入ったばかり、ピカピカの(28歳の)1年生なわけで、1ゼメスターである今学期は主に写真に関する基礎的なことに重点が置かれています。
先日の日記にも書いたフィルムカメラの現像だったり、構図を勉強したりしますが、今はコントラストの付け方などがメインになっています。

授業は4つあります。

一つは自分たちのコースの担任(?)と言いますかその先生の授業。
現段階では主に基礎的なことと、みんなが撮ってきた写真や作品の発表をしながら、先生がコメントしたりアドバイスをしたりと言った感じです。
前にかいた【犯罪チックな写真】なんかこの先生の授業によるもの。

2つ目は実習的な授業。
実際に撮影やら暗室での作業の授業。この授業がなかなか面白い。

3つ目は現段階では今ゼメの重要なことをやっています、構図や構成の授業。
有名な写真家や、画家の作品を参考にいかに被写体をはっきり捉えるか、または全体のバランスを取るかと言った授業をしています。

4つ目は芸術の歴史と理論。
ただ先生がスライドを見せながら10時?17時まで、昼休みを抜いた6時間、ぶっ続けで喋り通してます。



今回は3つ目の構図や構成の授業について書こうと思います。今日がその授業だったので、今日やったことを少し紹介いたします。

まず、4枚の有名な写真家の作品が、かなり画像が荒くコピーしてある紙が渡され、うっすら見える背景や人物を、いかにはっきり見せるか、と言った内容。
鉛筆で背景を軽く塗りつぶしたり、被写体をはっきり見せる為に周りを濃く塗りつぶしてみたり、全体の構造でどのような線が描かれているのかなどなど・・・。


授業の後半では生徒それぞれが異なる絵が配られて、元の絵からコントラストをしっかりと見極めて、自分で模写するといった内容で、僕が当たった絵はこちら。
DSC_0002_20091204071010.jpg

コロンビア人のジョアンナは


『コウヘイの簡単だね?。』


なんてのん気な事言ってましたが、実はこれが一番難しいという先生のお墨付き。

なぜならこの絵にはしっかりとした物体が何も描かれていない。
全体のコントラストの強弱、しかも殆ど塗りつぶしだけで描かなければならない。


学校で少し書いたんですが、なかなかこのコントラストの強弱ってのが難しい・・・。
濃いところは濃く描いたんですが、先生に

『うん、ちょっと濃すぎだね?。』

と言われてしまいました。
帰ってから少し全体的に薄くして、とりあえず現段階はこちら。

DSC_0003_20091204071010.jpg


微妙に何かが足りない。

そんな感じですね。
まだまだ修正しないと・・・。


Foto | コメント:0 |
| ホーム |